iPhoneのパスコードロックを回避できるバグ(iOS 9.2.1)

パスコード


パスコードやTouch ID認証を回避して、iPhone・iPadのロックを解除できてしまうバグが明らかになりました。

執筆時点で最新バージョンの『iOS 9.2.1』でも修正されていません。

対策

iOSの機能の1つである『Siri』を使う際、特定の操作をすることでバグが発生します。したがって、ロックを解除せずにSiriを利用できる設定をオフにしましょう。

設定アプリを開きます。

パスコードロック


【Touch IDとパスコード】あるいは【パスコード】を開きましょう。

パスコードロック


「ロック中にアクセスを許可」にある「Siri」をオフにしましょう。

パスコードロック


Siriを使わない場合はオフに

Siriそのものを使わない場合は、設定アプリの【一般】→【Siri】を開きます。

パスコードロック


「Siri」をオフにしましょう。

パスコードロック


修正はいつ?

Appleはこの問題を認識しているようですが、いつ修正されるのかは不明です。

3月中に『iOS 9.3』が正式にリリースされると噂されており、このバージョンで問題が修正されているかもしれません。

参考

Passcode Bypass Bugs Plague iOS 9.1 and On | Threatpost | The first stop for security news

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!