iPadをWi-Fi経由で壊せることが判明、対策は?

ipadAir2 - 01


iPadでとあるWi-Fiに接続したら調子がおかしくなり、再起動してみたらAppleロゴの画面でフリーズし、初期化せざるを得なくなった・・・。

そんなことになる前に、対策を行っておきましょう。

Wi-Fiで日付バグを引き起こす

ウェブサイト『Krebs on Security』で今回発表されたのは、以前ご紹介したiPhoneの日付に関するバグをWi-Fiを介して引き起こす手口です。
iPhoneが壊れる「日付バグ」近く修正へ

このバグが発生してしまうと、初期化しないと使用できる状態には戻りません。

Wi-Fiで日付を自動設定

Patrick Kelley氏とMatt Harrigan氏が行った実験によれば、特別な設定を施したWi-Fiを用意してiPadで接続したところ、問題のバグが発生する日付に自動で設定されました。

iPadはサーバと同期し、iOSの日時を調整するためです。iPhoneは携帯電話会社の回線で日時を調整しますが、別の手法で特定の日付を強制設定できるとしています。

iOS


そしてiPadを再起動したところ、Appleロゴの画面でフリーズしたそうです。

再起動はユーザーが行う必要があります。しかしKelley氏とHarrigan氏は、誤った日付に設定されたことでウェブページへのアクセスにも支障が出るため、多くのユーザーは再起動するだろうと予測しています。

偽装Wi-Fi

今回の実験では、もう1つのiOSの弱点も指摘されています。それは以前接続したことがあるWi-Fiと同じ名前のWi-Fiがあった場合、自動的に接続しようとする仕様です。

実験で使ったWi-Fiが広く使われている公衆無線LANと同じ名前を騙れば、多くのデバイスが自動的に接続してしまうことが予想されます。

この仕様がなかったとしても、使ったことがあるWi-Fiと同じ名前のWi-Fiがあれば、ユーザーが自ら接続してしまう恐れもあります。

対策は?

iOSのアップデート

執筆時点での最新バージョンは9.3.1です。
『iOS 9.3.1』公開、変更点は?

日付に関するバグは『iOS 9.3』で修正済みですが、Krebs on SecurityはiOS 9.3.1へのアップデートを勧めています。

使わないときはWi-Fiをオフにする

多くの人に公開されているWi-Fi・見ず知らずのWi-Fiは非常に危険です。いつの間にか接続してしまう恐れがあるので、使わないときはWi-Fiをオフにしましょう。

iOS 8


参考

New Threat Can Auto-Brick Apple Devices — Krebs on Security

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!