iPhoneのホームボタンを押さずに済む方法

2014-09-19iphone6open - 15


ホームボタンの効きが悪くなると、1回押してもホーム画面に戻れなかったり、2回押したことになってアプリ切り替え画面になったりと面倒です。

そんなときはiPhoneの画面をタップして使う、仮想のホームボタンを使いましょう。

AssistiveTouchをオンにする

設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【AssistiveTouch】→【AssistiveTouch】をオンにします。

AssistiveTouch


すると、画面に白いボタンが現れます。

AssistiveTouch


ボタンをタップすると、メニューを表示。【ホーム】をタップすればホームボタンを1回押したことになります。

AssistiveTouch


とはいえ、このままでは2回もタップする必要があるので、仮想ホームボタンとしては使いづらい! そこで、AssistiveTouchをカスタマイズしましょう。

仮想ホームボタンとして使うには?

設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【AssistiveTouch】→【最上位メニューをカスタマイズ】を開きます。

AssistiveTouch


【6個のアイコン】の右側にある、【−】ボタンをタップ。メニューのボタンが1個になるまで繰り返しタップしましょう。

AssistiveTouch


最後に【カスタム】という項目が残ります。これをタップして・・・

AssistiveTouch


【ホーム】を選び、画面右上の【完了】をタップします。

AssistiveTouch


これで完了です。ここでボタンをタップしてみましょう。

AssistiveTouch


すると、あのメニューは表示されず、そのままホーム画面に戻れます。ホームボタンを押したときとまったく同じ動作です。

もちろん、連続して2回タップすればアプリ切り替え画面になり、電源ボタンを押しながらタップすればスクリーンショットも撮れます。

残念ながら画面がオフになっている状態では使えず、この設定では長押ししてもSiriや音声コントロールは呼び出せません。

しかし、日常生活の中でiPhoneを使う際にホームボタンを必要とする動作は、ほとんどがこの仮想ホームボタンで事足りるようになります。ぜひお試しください。

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ