iPhoneのセキュリティを点検できるアプリ

System and Security Info


(© 2016 SektionEins GmbH 以下同じ)

iPhoneにセキュリティ上の問題がないかをチェックできる『System and Security Info』というアプリが公開されました。その使い方をご紹介します。

どんなアプリ?

セキュリティ企業の『SektionEins GmbH』社が開発したもので、以下の2点をチェックできます。

  • iPhoneがジェイルブレイク(脱獄)されていないか
  • iPhoneに不審なプログラムが入っていないか

いわゆるジェイルブレイクが施されていると、iPhoneは無防備です。この状態を悪用すれば、第三者がiPhoneの使用状況を監視することも可能だと言われています。

このアプリが集めたデータはほかに送信されない、と開発元は公表しています。

使い方

System and Security Info
アプリを開いたら【Overview】画面を下にスクロールします。


一番下にある【Jailbreak】と【Anomalies】をチェックしましょう。

System and Security Info


【Jailbreak】は「No Jailbreak found」となっていればOK。そのiPhoneはジェイルブレイクされていません。

System and Security Info


【Anomalies】は「No anomaly detected(異常なし)」であればOK。しかし、以下の画像のように「Anomaly detected(異常あり)」と表示される場合があります。

System and Security Info


「Anomaly detected」と表示されたら・・・

アプリの開発元によると、Appleが用意した機能をiOSが使うと「Anomaly detected」と表示されることがあります。

【Anomalies】をタップし、結果を詳しく見てみましょう。【Found Injected libraries】の表示が赤くなっていませんか。

System and Security Info


これをタップすると、何が問題として検出されたのかが分かります。

筆者のiPhoneでは「Injected library: /System/Library/CoreServices/Encodings」が問題となっていました。

System and Security Info


開発元によれば「/System/Library/CoreServices/Encodings/○○○」のほかに、「/System/Library/AccessibilityBundles/○○○」や「/System/Library/Extensions/○○○」も問題として検出されることがあります。

しかし、いずれもAppleが用意した機能なので、これらが原因でiPhoneのセキュリティが脅かされることはないようです。

開発元は次のアップデートで、これらを「異常あり」として検出しないように修正を加えるとウェブページで明らかにしています。

「異常あり」となったときは、開発元のウェブページでリストを確認してみてください。

System and Security Info – Support | SektionEins GmbH

ほかの異常が見つかったときは・・・

SektionEins GmbH社の窓口に問い合わせてください。

Contact | SektionEins GmbH

問い合わせの際は、異常が検出された画面のスクリーンショット・iPhoneのモデル(例:iPhone 6s)・iOSのバージョン(例:iOS 9.3.1)・最後にアップデートしたのはいつか・推測される原因も添えてほしい、としています。

参考

System and Security Info ・販売元: SektionEins GmbH
・掲載時のDL価格: ¥120
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 3.3 MB
・バージョン: 1.0.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ