【シャドウバース攻略】全クラス共通&クラス固有のカード効果一覧

2016-0624_Shadowverse - TOP


© Cygames, Inc.

この記事は、『Shadowverse(シャドウバース)』のカードについている効果をまとめた記事です。
カードの効果を最初に覚えることは難しいですが、効果を全て知ることで対処のしやすさが変わります。
しっかりと効果を理解してバトルしましょう!

全クラス共通

2016-0630_Shadowverse-all


ファンファーレ

手札からPPを支払って場にカードが出た後に働く。デッキから直接場に出たときは働かない。

ラストワード

効果を持つカードが破壊されて、場から墓地に置かれたとき働く。消滅したときは働かない。

守護

守護を持つフォロワーが自分の場にいるとき、相手のフォロワーは、守護を持つフォロワー以外を攻撃できない。
守護を持つフォロワーが複数いるときは、その中から好きなフォロワーを攻撃できる。

疾走

疾走を持つフォロワーは、場に出たターンから攻撃できる。

潜伏

潜伏を持つフォロワーは相手のフォロワー、スペル、アミュレットの能力で対象に選択されず、相手のフォロワーから攻撃されない。
潜伏を持つフォロワーが攻撃するか、能力によってダメージを与えると、潜伏は失われる。

必殺

必殺を持つフォロワーが、攻撃するか攻撃されることによって相手のフォロワーにダメージを与えた場合、相手のフォロワーの残り体力に関係なく破壊する。
0ダメージでも破壊する。

変身

特定のフォロワーが持つ特殊な能力。
自分を別のフォロワーへ変身させたり、違うフォロワーを自分と同じフォロワーに変身させるような効果がある。

カウントダウン

カウントダウンを持つアミュレットが場に出ると、カウントダウンのあとに書いてある数字が表示される。
自分のターン開始時に1つずつカウントダウンされ、カウントが0になったアミュレットは破壊される。

クラス特有効果

ウィッチ

2016-0624_Shadowverse - 1


  • スペルブースト
    スペルブーストを持つカードが自分の手札にある場合、自分が他のスペルを使うたびにスペルブーストが1回働く。
    効果が働くと、手札のスペルブーストを持つカードのコストが下がったり、与えるダメージが上がったりなど強化される。
  • 土の秘術
    土の秘術を持つカードをプレイしたとき、自分の場に「土の印」タイプのアミュレットがあるなら、そのアミュレットを1つ自動的に破壊して土の秘術能力が働く。
    「土の印」はカードのタイプの一種で、ウィッチのカードに含まれており、カードの詳細画面で確認できる。

ネクロマンサー

2016-0625_Shadowverse - 2


  • ネクロマンス
    ネクロマンスを持つカードをプレイしたとき、自分の墓場の枚数がネクロマンスの後に書いてある数字以上なら、墓場をその数字ぶん減らしてネクロマンス能力が働く。
    墓場の枚数がその数字未満なら、能力は働かない。

ヴァンパイア

2016-0625_Shadowverse - 3


  • 復讐
    復讐は「自分のリーダーの体力が10以下」という状態を表すキーワード。
    「復讐状態なら〜」と書いてある能力は、自分のリーダーの体力が10以下のとき働く。
  • ドレイン
    ドレインを持つフォロワーが。攻撃することによって相手のリーダーかフォロワーにダメージを与えた場合、それと同じだけ自分のリーダーを回復する。
    攻撃をして自分の体力が0になる場合でもドレインは成立するが、相手のフォロワーから攻撃されたときは働かない。

ドラゴン

2016-0625_Shadowverse - 4


  • 覚醒
    覚醒は「自分のPP最大値が7以上」という状態を表すキーワードで「覚醒状態なら〜」と書いてある能力は、自分のPP最大値が7以上のとき働く。

最後に

シャドウバースは効果の他にもカード特有の能力や進化時のみ発動する能力などが存在します。
全てを覚えようとすると苦労しますが、効果だけでも覚えておけば対処がしやすくなるので、だんだんと慣れて覚えましょう。

シャドウバース (Shadowverse) ・販売元: Cygames, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 90.6 MB
・バージョン: 1.1.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!