【iPhoneの使い方】写真を撮る方法

kamera - 1


iPhoneには、「カメラ」アプリが標準装備されています。
iPhoneでカメラを起動するには、ホーム画面、または「コントロールセンター」の「カメラ」アイコンをタップすると使えます。

手軽に使えるので、iPhoneを持つ、ほぼ全ての人が、使っている機能です。必ず覚えましょう。

では、iPhoneのカメラの基本的な使い方を解説していきます。

カメラアプリの細かい機能の使い方はこちら→iPhoneのカメラを使いこなそう

写真を撮影する

kamera - 2
カメラアプリは、左右にスライドすることで、画面下部に表示してある「撮影モード」を選択できます。

写真を撮る場合は、「写真」を選択しましょう。


kamera - 3
画面下にある「撮影」ボタンをタップすることで、写真を撮影できます。

また、撮影は画面だけでなく、iPhone本体横の音量ボタン「+」「-」を押すことでも写真を撮影することも可能です。iPhoneを横向きにして、写真を撮影する時は、音量ボタンで撮影することで、通常のカメラのようにシャッターを切れます。


写真撮影時に使える機能

ズーム機能

kamera - 4
画面をピンチ操作すると、ズームイン・アウトが可能です。


ピント合わせ

kamera - 5
画面をタップすると、ピントを合わせることが可能です。


フラッシュ切替

画面左上に表示される「フラッシュ」のアイコンをタップすると、「自動」、「オン」、「オフ」に切り替えることが可能です。

kamera - 6
kamera - 7


HDR機能切替

「HDR」をタップすると、「自動」、「オン」、「オフ」に切り替えることが可能です。

kamera - 8
kamera - 9


タイマー

「時計」アイコンをタップするとセルフタイマーをセットできます。

kamera - 10
kamera - 11


カメラ切替

kamera - 1 (1)
画面右上のカメラアイコンをタップすると「フロントカメラ」と「メインカメラ」の切替が可能です。


フィルター機能

画面右下にあるフィルターアイコンをタップすると、「フィルター」機能が使えます。

フィルターは全8種類の中から選択できます。フィルター選択後、再度フィルターアイコンをタップすることで、選択画面に戻ることができます。

kamera - 12
kamera - 13


撮った写真を確認する

kamera - 14
iPhoneで撮影した写真は、画面左下のアイコンをタップすると、確認することができます。


kamera - 15
カメラアプリに戻る場合は、右上の「完了」をタップすると戻ります。


コントロールセンターから起動できる

1
コントロールセンターを開いて、カメラのマークをタップするとアプリが起動します。カメラアプリがホームの2ページ目以降にある方には、この方法がオススメです。


最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ