『Gmail』とGoogle製アプリ『Inbox』は何が違う?

Inbox


© 2016, Google Inc. 以下同じ

Googleは『Gmail』と『Inbox』という、2種類のメールアプリを公開しています。この2つは何が異なるのでしょうか。

Inboxの使い方はこちら
いまさら聞けない『Inbox by Gmail』の使い方

InboxはGmailと連携する

InboxはGmailと連携するメールアプリで、Googleアカウント(○○○@gmail.com)でログインすると、Gmailで送受信しているメールを管理できます。

Inbox


そのため、Inboxでメールを整理すればGmailでもメールが整理され、Gmailの迷惑メールフィルタ機能が使えます。

Inbox独自の機能

Inboxは「情報を整理して常に見やすくする」、そして「大事な用件を見逃さない」という2つの点を重視して開発されました。

Gmailとの最も大きな違いは「リマインダー」と「スヌーズ」です。

リマインダーとは

メールと一緒に管理できる「やるべきこと」です。やるべき物事を入力すれば、メールボックスに追加されます。

Inbox


メールチェックが日常生活の一部になっているのであれば、忘れずにやるべき物事を済ませられます。

このあとで紹介するスヌーズを使えば、指定した日時・場所で通知させることもできます。

スヌーズとは

大切なメールのチェック・返信を忘れずに行えるよう、あとで通知する機能です。すでにサービスを終了している『Mailbox』にも同様の機能がありました。

Inbox


普通のメールアプリでは、「あとで読もう」と思っても新着メールに埋もれてしまい、忘れがち。一方でInboxでスヌーズを施しておけば、通知があるので忘れずに済みます。

GmailとInbox、どちらを使うべき?

iPhoneのGmailアプリは、機能が少ないのでシンプル。メールの分類が同じなので、ブラウザ版Gmailに慣れている方にオススメです。

一方で、Inboxアプリは大切なことを忘れないための機能が盛り込まれています。メールで大事な案件を扱うことが多い方にピッタリでしょう。

Inbox by Gmail - あなたに役立つ新しいメールアプリ ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 179.9 MB
・バージョン: 1.3.32
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!