知っておくべき『Apple Pay』の仕組みと用語

Apple Pay(アップルペイ)のiPhone7(アイフォン7)でSuica(スイカ)を使って商品を購入


10月末に日本でも始まった『Apple Pay』。その仕組みや用語を改めてご紹介します。

Apple Payの使い方まとめはこちら
Apple Payの使い方、対応機種、登録方法まとめ

Apple Payの仕組み

Apple PayのためにiPhoneでクレジットカードなどを読み取ると、以下の手順でカード情報が処理され、独自の番号が割り当てられます。

  1. iPhoneでカードを読み取る
  2. Appleのサーバでカードの発行元を識別
  3. カードの発行元にデータを送信
  4. カードの発行元が承認し、発行した独自の番号を暗号化してAppleに送信
  5. Appleから独自番号をiPhoneに送信

それぞれの通信は暗号化されています。カードの発行元がつくった独自の番号は暗号化されたままiPhoneに届けられるので、Appleは番号を知りません。

元のクレジットカードの番号をAppleが入手・保管することもありません。

カードの発行元とiPhoneは独自の番号を知っているので、改札・店頭・自販機などの支払いに使うことができます。

「Apple Payで払う」では通じないかも

サービスの名前はApple Payですが、実際に店頭で支払いに使う手段はApple Payではなく、『iD』・『QUICPay』・『Suica』のどれかです。

そのため、店員に「Apple Payで払う」と言っても通じない可能性があります。

確実に伝えるなら「iDで払う」・「QUICPayで払う」・「Suicaで払う」と伝えましょう。iDかQUICPayかはお使いのクレジットカードをWalletアプリで確認してください。

Suicaとの微妙な関係

2つのチャージ方法

Suicaにチャージする方法は2つあります。1つはSuicaの公式アプリを使う方法、もう1つはWalletアプリを使う方法です。

Walletアプリを使う方法に比べ、Suica公式アプリは使えるクレジットカードが多いのが特徴。

たとえば『VISA』ブランドのカードはWalletアプリを使う方法ではチャージに使えませんが、Suica公式アプリならチャージに使えます。

オートチャージ対応のカードは限られる

『iPhone 7』のSuicaでもオートチャージは使えますが、そのオートチャージに使えるクレジットカードはSuica公式アプリに登録したビューカードに限られます。

Walletアプリに登録したクレジットカードや、Suicaアプリに登録したビューカードではないクレジットカードではオートチャージはできません。

覚えておきたいApple Pay用語

エクスプレスカード

Suicaカードをエクスプレスカードとして設定すると、Touch IDによる認証を行わずに支払い・改札の通過に使えます。

iD・QUICPayに割り当てられているクレジットカードは設定できず、支払い時にはTouch IDによる認証が必要です。

オートチャージ

首都圏のSuica・『PASMO』エリアなどの改札から駅に入場した際、Suicaカードの残高が一定額以下ならビューカードを使ってチャージする機能です。

先述の通り、オートチャージを利用するにはSuica公式アプリにビューカードを登録する必要があります。

上限額

1回の支払いで払える最大金額です。

QUICPayなら2万円、『QUICPay Plus』対応のレジなら上限額はありません。暗証番号の入力は不要です。

iDは店側が上限額を設定しています。場合によっては暗証番号の入力が必要です。

ヘルプモード

Suicaカードの読み取りエラーなどで駅員による操作が必要になった場合、ヘルプモードを使います。

Walletアプリを開いてSuicaカードの【i】ボタンをタップすると、ヘルプモードをオンにできます。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!