【解説】VISAカードでもApple Payは使える?

Walletアプリ


『iPhone 7』などで使える支払いサービス『Apple Pay』。

利用にはクレジットカードが必要ですが、カードのブランドによっては登録できなかったり、一部のサービスが使えなかったりします。

VISAもApple Payに登録できる

サービスの発表当初、VISAは対応ブランドの中に明記されていませんでした。

しかし、現在はVISAカードにも対応していることがAppleのサポートページにしっかりと記載されています。

ただしJCBやMasterCardと同じく、すべてのVISAカードが登録できる訳ではありません。カードの発行元によっては登録できないVISAカードもあります。

登録できるカードの発行元はAppleのサポートページでご確認ください。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行会社 – Apple サポート

American Expressカードは非対応

VISAとは対照的なのがAmerican Expressです。サービスの発表当初、American Expressにも対応することが明かされていました。

しかし、経緯は不明ですが、現在では非対応とされています。

VISAでは利用できないサービスがある

VISAカードはアプリ内・ウェブサイトでの支払いには対応していません。

したがって『iPhone 6s』・『iPhone SE』以前のApple Pay対応機種では、『Apple Watch Series 2』と連携させない限り、Apple Payを使うことができません。

さらにWalletアプリからSuicaにチャージすることもできません。代わりに『Suica』アプリにVISAカードを登録し、Suicaアプリからチャージする必要があります。

Apple Pay向けにクレジットカードをつくるなら、Apple Payに登録できる発行元であることを確認し、利用する目的・お使いのiPhoneの機種に応じてブランドを選びましょう。

参考

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
お名前(ペンネーム可)を入力の上、AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタを記入し【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください。

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!