iPhone版Twitterアプリの容量を減らすキャッシュ削除機能が登場

iPhone版Twitterアプリの容量を減らすキャッシュ削除機能が登場


© Twitter, Inc. 以下同じ

『Twitter』公式アプリに待望のキャッシュ削除機能が追加されました。

この機能を使えばアプリを削除→再ダウンロードすることなく、Twitterアプリが使う容量を減らせます。

iPhone版Twitterアプリの容量を減らす方法

Twitterアプリを開き、画面右下にある【プロフィール】をタップします。

iPhone版Twitterアプリの容量を減らすキャッシュ削除機能が登場


プロフィール画像の横にある歯車ボタンをタップし、メニューの【設定】をタップ。

iPhone版Twitterアプリの容量を減らすキャッシュ削除機能が登場


【データ利用の設定】を開き、【メディアストレージ】か【ウェブサイトストレージ】をタップしましょう。

iPhone版Twitterアプリの容量を減らすキャッシュ削除機能が登場


【メディアストレージ】はTwitterアプリが一時保存している画像・GIF画像・『Vine』のデータです。【メディアストレージを削除】をタップして削除しましょう。

iPhone版Twitterアプリの容量を減らすキャッシュ削除機能が登場


【ウェブサイトストレージ】はTwitterアプリが一時保存しているウェブページ・Cookie・ログイン情報などです。

【ウェブページストレージを削除】では、一時保存しているウェブページを削除。【すべてのウェブサイトストレージを削除】では、全データを削除します。

iPhone版Twitterアプリの容量を減らすキャッシュ削除機能が登場


全データを削除するとCookieやログイン情報も削除されるため、Twitterアプリからアクセスした際に再設定・再ログインが必要になります。

Twitterアプリのキャッシュ削除、効果はあるのか?

設定アプリの【一般】→【ストレージとiCloudの使用状況】→【ストレージを管理】→【Twitter】で確認したところ、アプリが保存しているデータの容量を示す「書類とデータ」の数値が確かに減りました。

ただし「書類とデータ」に分類される、全データが削除されることはありませんでした。

Twitterアプリのキャッシュは削除しても良いのか?

キャッシュの役割は再ダウンロードの手間を減らし、画像やウェブページの表示を高速化することです。

これを削除すれば、同じ画像やウェブページにアクセスした際に再ダウンロードが行われるので、通信量が余分に発生したり、表示までに時間がかかったりします。

Twitterアプリが古いキャッシュをどう管理しているのかは不明ですが、もし保存され続けるのであれば、過去のツイートを遡って見ない限りは容量の無駄遣いかもしれません。

iPhoneの空き容量が少なくなってきたときに、ぜひお試しください。

Twitter ・販売元: Twitter, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 189.2 MB
・バージョン: 6.73.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
どこか懐かしさを感じる、新作なりきりRPG『ミトラスフィア』事前登録受付中!
ボイス、武具、職業をカスタマイズして、なりたい自分になりきろう!

ミトラスフィア

AppBank 全力プッシュ!

オススメ