スポーツしながら音楽聴くなら完全ワイヤレス イヤホン『Jaybird RUN』がオススメな理由 [PR]

JaybirdRun_PR - 1


暖かくなってきたこの季節、スポーツを始めようと思う方も多いのではないでしょうか。ランニングジムで運動する時って音楽が聴きたくなりますよね。

でも、有線のイヤホンだとケーブルが絡まってしまって運動の邪魔をしてしまうことがあり、ちょっと不便。そんなときBluetooth対応完全ワイヤレスイヤホンなら、煩わしいケーブルが一切ないので好きな運動を思う存分楽しめます。

イヤホンジャックがなくなったiPhone 7の登場以降、完全ワイヤレスイヤホンは多数発売されていて特徴も様々です。

今回、紹介する『Jaybird RUN』は、完全ワイヤレス・圧倒的な軽さ・防水/防汗性・疲れない音質といった特徴があり、これらはまさにスポーツをする時に最適です。

さらに、専用アプリを使えば自分の好きな音にカスタマイズも可能。音楽好きも納得の音質が楽しめます。

では、『Jaybird RUN』の特徴を細かくチェックしていきましょう!

左右独立の完全ワイヤレスイヤホン

Jaybird RUN』はケーブルが一切ない完全ワイヤレスイヤホンです。

有線で接続するイヤホンはスポーツをするときにケーブルが絡まないか、スマホや音楽プレイヤーをどこに持つかなどちょっとしたストレスを感じますよね。

これは、スポーツ以外での使用でも同じことが言えます。例えば混雑する車内でイヤホンのケーブルが引っかかったり、邪魔になった経験ありませんか?

JaybirdRun_PR - 2


完全ワイヤレスイヤホンはスマホとの間にケーブルがないので、そんな心配は不要。イヤホンを耳に装着してスマホを手に持って操作するのもストレスフリー。スポーツをするときはスマホをポケットやウエストポーチなど好きなところに入れておけばOKです。

左右のイヤホンも独立している完全ワイヤレスなので耳が引っ張られるような感覚もなし。顔まわりもスッキリします。

Jaybird_PR - 0


付けていることを忘れるほどの一体感と軽さ

Jaybird RUN』には様々な形のイヤーチップとフィンが付属されています。

自分にぴったりの組み合わせにカスタマイズできるので、激しいスポーツをしてもピッタリとフィットして外れにくいのが特徴です。

JaybirdRun_PR - 4


また、スポーツ用イヤホンとして忘れてはいけないのが軽さ。

完全ワイヤレスイヤホンはケーブルがない分イヤホン自体が重くなりがち。でもこの『Jaybird RUN』は約6.8gという最軽量を実現。

これだけ軽いと付けていることを忘れてしまうほど。煩わしいケーブルもないので耳に感じる重さが全くと言っていいほどありません。

長時間使用しても耳が疲れにくいのでランニングなどの有酸素運動にも最適です。

JaybirdRun_PR - 5


防水を超える防汗性

防水・防汗性に優れている点もスポーツ用イヤホンにオススメの理由です。

真水への耐性だけでなく汗に含まれる「酸」からもイヤホンを保護するため、耐水よりもさらに厳しい防汗処理がされています。

ランニング中に雨が降っても汗をかいても大丈夫なので、何も気にすることなく集中できます。

JaybirdRun_PR - 6


計12時間使用可能なバッテリー

Jaybird RUN』はイヤホン自体がフル充電の状態で4時間の連続使用が可能です。

また充電器を兼ねたケースに8時間分(フル充電2回分)のバッテリーが搭載されています。しかも約5分の充電で約1時間再生が可能なクイックチャージに対応しているので、ちょっとした休憩の合間に充電ができます。

JaybirdRun_PR - 7


ケースはコンパクトでバッグの中でも邪魔にならず持ち運びに便利。

充電器を兼ねているのでイヤホンをしまえば充電が始まり、ケースからイヤホンを出せば自動的に電源が入る仕組みです。

JaybirdRun_PR - 8


耳が疲れない抜けの良い音質

もちろん、イヤホンですので音質も大切ですよね。視聴した印象は抜けの良いフラットな音質です。重低音が好きな人にとっては多少物足りなく感じるかもしれませんが、「長時間使用していても疲れない」まさにスポーツ向けの音だと感じました。

音に関しては専用のアプリでカスタマイズができるので、自分好みの音を探す楽しさもあります。

またイヤーチップやフィンのカスタマイズで耳にぴったりフィットさせられるので、音漏れもほとんどありません。周囲の音もきちんと遮断してくれるのでスポーツに集中できます。

JaybirdRun_PR - 9


専用アプリで多様なカスタマイズ

Jaybird RUN』には専用のアプリがあり、様々なカスタマイズが可能です。Bluetoothで繋がっている状態であればアプリとイヤホンの連携は自動で行われます。

物理的なカスタマイズとして、左右のイヤホンの表面がボタンになっており押したときのアクションを設定することができます。デフォルトでは左イヤホンが「Siri起動」右イヤホンが「再生/一時停止/通話」となっていますが、音量の調節に使うなど自分の好きなようにカスタマイズできます。

JaybirdRun_PR - 10
JaybirdRun_PR - 11


また、アプリを使えば音のカスタマイズ可能です。

少し重低音を強くしたい、ボーカルの声をはっきり聴きたいなど求めている音にセッティングができるので自分だけのイヤホンが完成します。

しかも、この音質カスタマイズはアプリではなくイヤホン本体に保存されるので、毎回アプリを立ち上げなくても設定した音質で音楽を聴くことができます。

あらかじめ用意されたプリセットから音質を選んでもいいですし、波形を自分で動かして自分だけの音を探すのも楽しいですよ。

JaybirdRun_PR - 12
JaybirdRun_PR - 13


スポーツに特化したイヤホン

ケーブルの煩わしさがない完全ワイヤレス、付けていることを忘れるほどのフィット感と圧倒的な軽さ、雨や汗にも強い防水/防汗性、フラットで圧迫感がなく長時間使用でも疲れない音質

これらの特徴すべては音楽を聴きながらスポーツを楽しむのに最適。スポーツ用のイヤホンなら自信を持って『Jaybird RUN』をオススメします!

Jaybird RUNは、Amazonにて好評販売中です。スポーツ用のイヤホンを探しているなら、今すぐチェックしてください!

Jaybird MySound ・販売元: Jaybird LLC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ミュージック
・容量: 103.6 MB
・バージョン: 2.0.0

イヤホンに関する情報を随時更新中!

おすすめのイヤホンやお気に入りのイヤホンを長く使うための小ワザなど、イヤホンに関する情報はこちらの記事に随時更新中! →【厳選】iPhone7におすすめなイヤホンまとめ

iPhone7(アイフォン7)におすすめなイヤホン。高音質なおすすめワイヤレスイヤホンや低価格帯でおすすめなコスパ最強の5000円以下Bluetooth(ブルートゥース)イヤホンなど各ジャンルでおすすめなイヤホンを厳選して紹介

次のページ気になる音質とカスタマイズについて
1
2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ