Appleマップ「Flyover」に日本の19都市が追加! 空から3D化された観光スポットを楽しもう!

Apple公式の『マップ』アプリの「Flyover」に、日本から19都市が追加されます。

空から見る「Flyover」機能に日本の19都市が追加!

世界の主要都市を3Dマップ化して空から眺められる機能「Flyover」に、新しい都市が追加されたと『MacRumors』が報じました。

日本からは以下の19都市の名前が挙がっています。

  • 会津若松
  • 岐阜
  • 彦根
  • 姫路
  • 出雲
  • 伊豆
  • 金沢
  • 北九州
  • 高野
  • 松本
  • 奈良
  • 那覇
  • 小田原
  • 高梁
  • 高松
  • 東尋坊
  • 四日市

実際に検索してみたところ、彦根市だけ「Flyover」から確認することができました。


このことからすぐに利用できるのではなく、順次追加されていくものと思われます。

「Flyover」の使い方は?

「Flyover」は『マップ』アプリ内の「マップ」を起動しているときに使えます。


「3D」という文字が表示されている場所が対応している都市です。


都市名をタップすると「Flyover」ボタンが経路ボタンの横に表示されるので、それをタップします。


すると「Flyover」で都市の景観をチェックすることができます。


『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

新型iPhone情報をチェック!

新型iPhoneについては、【iPhone XS/XS Max/XR】予約開始日・価格・発売日・スペックまとめをチェック!

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ