Apple、「iPhoneは何ができるの?」ページを公開。全32項目で解説

Appleはアメリカの公式サイトにて、「『iPhone』は何ができるの?(iPhone can do what?)」と解説するページを公開しました。

『iPhone』は何ができるの?


Appleは同社公式サイトの『iPhone』のページを更新し、『iPhone』の機能について解説するページ「That’s iPhone」を公開しました。

解説されている機能は以下の32項目です。

  • 耐水性
  • プライバシー保護
  • AirDropを使ったオフラインでのファイル共有
  • テキストを大きくする
  • グループFaceTime
  • 写真の解析(検索)
  • おやすみモード
  • MeMoji
  • ライブ写真からベストショットを探す方法
  • 睡眠トラッカー
  • iPhoneを探す方法(find for iPhone)
  • スペースキーによる入力ミスの修正
  • 音声入力
  • スクリーンのビデオ録画
  • Apple Payで友人に送金する方法
  • iMessageの写真エフェクト
  • すばやく返信するタップバック
  • Walletアプリによる搭乗券の確認
  • 通知の管理
  • 拡大鏡
  • ドライブモード
  • iMessageのフルスクリーンエフェクト
  • テキスト入力時、ダブルタップでピリオド入力
  • 顔認証Face ID
  • Safariでのリーダー表示
  • 標準アプリ『計測』
  • メディカルIDとSOS
  • 画面読み上げ機能
  • 画面の描画部分を下げる方法
  • 入力の取り消し
  • チャットサポート
  • デュアルSIMの設定方法

今のところアメリカの公式サイトでのみ公開されていますが、そのうち翻訳されたものが日本でも公開されると思われます。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「Apple」より

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ