Googleの健康&フィットネス管理アプリ『Google Fit』リリース! ヘルスケアと連携可能

Googleの健康&フィットネス管理アプリ『Google Fit』のiOS版がリリースされました。

iOSにも『Google Fit』が登場


Googleが開発している健康管理アプリ『Google Fit』が、iOS向けにもリリースされました。

『Google Fit』では、世界保健機構(WHO)と協力して健康に効果があることがわかっている推奨運動量に基づき、「通常の運動(分)」と「強めの運動(ポイント)」の2つの指標を数字で表してくれます。

通常の運動(分)

「通常の運動(分)」は、日々のちょっとした運動の積み重ねを表す指標です。

たとえばエレベーターの代わりに階段を使ったり、友だちとの情報交換をカフェではなく歩きながら行ったりすることで数字が増えていきます。

この数字を積み重ねることで、日常生活のなかでの運動を増やしていけます。

強めの運動(ポイント)

「強めの運動(ポイント)」は、犬の散歩などの中強度の運動を1分間行うごとに1ポイント、ランニングなどのより強度の高い運動なら2ポイントが加算される指標です。

WHOでは30分間の早歩きを週5日行えば、「心臓病のリスク低減、睡眠の改善、精神的な安定」が見込まれるとしているそうです。

ヘルスケアアプリとデータ連動が可能

『Google Fit』はヘルスケア(Apple Health)に対応しているアプリやデバイスとデータを連動できます。

どのアプリと連携できるかはGoogle Playのページから確認できます。

iOS版しかアプリがない場合は、実際に『Google Fit』をインストールして試すしかないようです。無料のため、とりあえず取ってみてから試してみましょう。

Google Fit – アクティビティ トラッカー ・販売元: Google LLC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
・容量: 118.7 MB
・バージョン: 1.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Google Inc.

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ