『iOS 13』発表や『iTunes』終了は本当? Apple「WWDC19」リアルタイムレポート(更新終了)

日本時間6月4日午前2時から始まる「WWDC19」で発表された内容を、画像と一緒にお届けします。

「WWDC19」では何が発表される?


「WWDC19」では、『iOS 13』や『macOS 10.15』などの発表が有力視されています。

この記事では公式のストリーミングと同時にリアルタイムで更新していきます。

日本語による解説が読みたい方は、ぜひ同時にチェックして楽しんでいってください。

「WWDC19」開始

中継が始まりました。


ティム・クックCEOが登壇。いつものセンキュー。


Apple TV+の映像が先行公開されました。


今日はtvOS、watchOS、iOS、macOSのお話。


tvOSがマルチユーザーをサポート。ユーザーごとに次に見るリストが登場。


tvOSはApple Musicも利用可能。


音楽と同期して歌詞も表示可能。


ゲームもプレイ可能。


XboxとPlayStationのコントローラーもサポート。


深海の映像も提供予定。


Apple Watchのお話。


watchOSは新次元に。ケビン・リンチ氏のお話。


watch face(文字盤)について。


tapticチャイム機能を導入。時報をtapticでお知らせ。


オーディオブックとボイスメモ、電卓アプリが追加。チップの計算もできるよ。


Apple Watch単独で動作するAPIを提供。


Apple Watch用App Storeも開始。


健康とフィットネスのお話に。副社長に交代。


watchOS 6ではアクティビティトレンドを表示。指標は9種類。


生活のうえで健康を害するレベルの騒音を検知。


ただし音声やノイズを保存したり、Appleに送ったりはしない(プライバシーへの配慮)。

女性向けに周期を管理できるように。


同じ機能がiOSにも搭載予定。


ケビンに再度交代。すべての健康指標を一箇所に集めることに。


すべてのデータは暗号化されて保存。自分の情報をすべて自分がコントロールできる。


watchOS 6のプログラムリーダーに交代。


ノイズアプリケーションの実機デモ(観客が騒いでノイズ数値がアップ)。


watchOSでオーディオブックが聞ける。


App Storeの画面を紹介。


そしてふたたびケビンに。背景にサービス名が表示されている。


ウォッチバンドを紹介。


ティム・クック氏に交代。iOSの話!!!!!


iOS 12のインストール率は85%に対し、Android 9は10%ですねと煽る。


クレッグから新しいiOSのお話。


iOS 13!


パフォーマンスを改善。Face IDは30%高速化。


アプリのパッケージサイズを50%小さく、アップデートは60%、起動は2倍早く。


新機能の紹介。おそらくダークモード。


ダークモードでした。


実機デモ。


ニュースアプリ。


カレンダー。


メッセージアプリ。


キーボードはスワイプ入力が可能に(一筆書き入力)。


ミュージックアプリ。


曲に同期した歌詞の表示が可能に。


Safariがウェブサイトごとの設定、メールはフォントの設定が可能に。


リマインダーアプリを再設計。通知するときを入力後にAIが判断。


地図も再設計(左)。いままでの地図(右)と比較。


アメリカは2019年内に。それ以外の国はその後。


メグ・フロスト氏のデモへと交代。


お気に入り機能が追加。


コレクション機能が追加。友達とシェア可能。


フルスクリーンで周囲をチェックできる。完全にグーグル・ストリートビュー。


クレッグに交代。中国の交差点の情報を搭載するとのこと。


プライバシーへの配慮について説明。位置情報は起動ごとに送信するかどうか確認できるように。


ソーシャルアカウントへのログインの問題。便利だがプライバシーを犠牲にしている。


だからAppleでログインするという機能を追加。


アプリにすぐ導入でき、個人情報を一切開示せずにログインできるとのこと。


アプリにメールアドレスを提供する際、ランダムで一時的なメールアドレスをアップルが提供。



アプリごとにメールアドレスを作れる。


ホームキットの話。セキュリティカメラは現在クラウドに送っているが、プライバシー的に問題。


解決策として自宅内のiPadなどから暗号化して保存する機能を提供。


Memojiのカスタマイズ。



Memojiをステッカーにできるように。


カメラの話。「ハイキーmono」という新しい効果を追加。


写真・動画ともにさまざまな調整が可能に。


ビデオの回転編集ができるように!!!


機械学習により重複している写真を統合できるように。この整理で写真日記が作れる。


ジャスティンによる実機デモ。


たくさんある子どもの写真から、1日のまとめが自動的に作られるように。



日ごと、月ごとにまとめてくれる。


イベントや人物でもまとめてくれる。


AirPods、HomePod、CarPlay、Siriの機能について。


AirPodsをつけるとメッセージの通知がSiriから届き、返信もできる。


音楽を共有できる。もう片耳ずつ分ける必要なし。


HomePodにハンドオフ機能を追加。iPhoneで再生中の音楽をHomePodに引き継ぎ可能。


HomePodが10万のラジオ局に対応。


HomePodが家族を識別するように。メンバーごとにカスタマイズしたものを提供。


Siriショートカットの専用アプリが登場。自動化を提案。


機械学習でSiriの話が自然に聞こえるように


iOS12と13で聴き比べ。


iPad OSの話?


iPadOSが登場!


スワイプでウィジェットがホームスクリーンに。


Safariを起動しながらメッセージが見れる。リマインダーも。


スライドオーバーでさまざまなアプリを呼び出せる。

スプリットビューでふたつのノートを同時に見られる。


iPadでマルチタスクができるように。


ファイル管理アプリ。カラムビューやクイックアクション機能。


フォルダーの共有も可能。


SDカード、USBドライブを認識するように。


カメラから直接写真や動画のインポートも。


iPadのSafariではデスクトップ用ブラウジングが標準に。


ダウンロードマネージャー、キーボードショートカットも搭載。


好みのフォントをアプリに適用可能。


Apple Pencilの話。遅延が20msから9msに改善。


PencilKit APIを提供開始。


トミーによる実機デモ。キーボード小型化のジェスチャー操作を実演。


クレッグに交代。iPadOSは次の次元に導いてくれる。


ティム・クックCEOに交代。


macの話。


まさかの新型Mac Pro。ここにきて新ハードウェア。


ジョンからの説明。28コアIntel Xeon搭載。電力消費は300W


メモリは6チャンネル。1.5TBまで


マックプロエキスパンションモジュールを搭載。


オプションによりさまざまなGPUを搭載できる。複数搭載も。


アフターバーナーというカードが登場。映像編集用のカード。


8K映像を3ストリーミング、4K映像を12ストリーミング再生できる。


電源は1400W対応。


実機デモへ。音楽編集のデモ。


1,000トラックのオーディオ再生が可能。


8K映像を3本同時に編集可能。


ディスプレイの話。


HDRの紹介。


Mac Pro用に6K Retinaディスプレイを用意。


視野角が広く、低反射に。


ディスプレイの名前はPro Display XDR。


最大6台まで動作可能。1億2,000万画素。


スタンドで縦向きにも。


本体とスタンドは分離可能。


新型Mac Proは最低5,999ドルから。


Pro Display XDRは4,999ドル。


VESAマウント、スタンドは別売り。


いずれも秋に発売予定。


macOSの話。


macOS Catalina(カタリナ、カタリーナ)。


iTunesの話。さまざまな機能が追加されてきた。


機能が多いのでミュージック、Podcast、TVに分離。


ミュージックは音楽だけにフォーカス。音楽機能をすべて引き継ぐ。


同期もより簡単に。


Podcastの紹介。音声の内容を機械学習で検索可能に。


TVアプリは4KHDRに対応。iTunesで購入したものを引き継ぎ。


新機能SidecarでiPadをサブディスプレイ化。


ボイスコントロール機能を搭載。



「Find my」機能を紹介。


近くのAppleデバイスを利用してオフラインでも探せるように。


アクティベーションロック機能。T2セキュリティチップによるもの。


Project Catalystを導入。開発者がiPadアプリをMacアプリに展開可能に。


開発者向けAPIの説明。


3Dモデル用にRealityKit。


オブジェクト作成にRealityComporser。


ARKit3登場。


リアルタイムのモーションキャプチャーが可能に。


MinecraftがARKit3を活用。


Minecraft Earthのデモ。


マイクラの世界に入ることも。


プログラミング言語のSwiftの話。


新しくSwiftUI登場。フレームワーク。


より少ないコードでアプリが作れるように。


ベータ版は今日から提供開始。


以上で基調講演が終了しました。


WWDC ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 辞書/辞典/その他
・容量: 40.9 MB
・バージョン: 7.3.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「WWDC19」より。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!