Apple、『iPad』をサブディスプレイにできる『macOS Catalina』発表! うわさの『iTunes』も分離

Appleが『Mac』用OS『macOS Catalina』を発表しました。

『iPad』をサブディスプレイ化できるように!


Appleは、2019年秋に『macOS Catalina』をリリースすると発表しました。

『macOS Catalina』の目玉機能は「Sidecar(サイドカー)」。なんと『iPad』を『Mac』のサブディスプレイにできる新機能です。


ただディスプレイとして表示できるだけではなく、『iPad』側からの入力や『Apple Pencil』を使った書き込みにも対応します。


『Mac』に液晶タブレットが付属するようなイメージです。

『iTunes』が分離してミュージック、Podcasts、TVに


また、『macOS Catalina』から『iTunes』がうわさどおりに分離して3つのアプリになります。

それぞれ音楽機能を引き継いだ「ミュージック」、音声の「Podcasts」、動画の「TV」です。


購入した音楽や動画はそれぞれのアプリに引き継がれ、販売なども継続されるため『iTunes』の機能が分解しただけと思えばokです。

ちなみに『iPhone』や『iPad』のバックアップやファイルの同期などは、『Finder』アプリから行うようです。


音声操作に対応

『macOS Catalina』は、『Siri』の音声認識テクノロジーを使った音声コントロールに対応します。


従来の入力デバイスを操作できないユーザーでも、音声操作だけで『Mac』が使えるようになります。

アクティベーションロックや『Find My』などのセキュリティ強化

『macOS Catalina』から、T2チップを搭載した『Mac』はすべてアクティベーションロックに対応します。

泥棒が『Mac』を盗んだとしても操作することができないため、狙われる確率が少し減ると思われます。

また、『iPhoneを探す』、『友達を探す』が統合されて『Find My』になります。

この『Find My』のすごいところは、探したい端末がオフラインでも周りのApple製品のBluetoothビーコンを通じて探してくれるところです。


『iPhone』を落としても、これまでより見つかりやすくなりそうです。

スクリーンタイムに対応

『Mac』でも「スクリーンタイム」が使えるようになります。


子供の利用時間を管理するのはもちろん、普段、自分がどのアプリにどれだけ時間を使っているのかを確認できます。

『iPad』アプリが『Mac』でリリースできるように

『macOS Catalina』から新しい開発環境『SwiftUI』が開発者に適用され、『iPad』アプリを『Mac』に簡単に意向できるようになります。


わかりやすく言うと、『Twitter』アプリが『Mac』に帰ってきます。

今後はさまざまなアプリが『Mac』に増えることでしょう。

『macOS Catalina』は今秋リリース予定です。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「Apple」より

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ