『iPhone 5/4s』や旧『iPad』がiOSアップデート必須に。GPSトラブルで利用できなくなる恐れ

Appleが『iPhone 5』や旧『iPad』ユーザーに対して、iOSのアップデートを呼びかけています。

正確なGPS位置情報を維持するためにアプデが必要に


AppleがGPS週数ロールオーバーの問題により、『iPhone 5』などを利用しているユーザーに対して「iOSをアップデートする必要がある」と呼びかけています。

iOSをアップデートしない場合、App Store、iCloud、メール、Webブラウザなどが継続して利用できなくなる恐れがあるとのことです。

アップデートが必要な製品は次のとおり。

iOS 10.3.4へのアップデート

  • iPhone 5
  • iPad (第4世代) Wi-Fi + Cellular

iOS 9.3.6へのアップデート

  • iPhone 4s
  • iPad mini (第1世代) Wi-Fi + Cellular
  • iPad 2 Wi-Fi + Cellular (CDMAモデルのみ)
  • iPad (第3世代) Wi-Fi + Cellular

これらの旧機種を11月3日までにアップデートしない場合、ワイヤレスアップデートやiCloudバックアップが機能しなくなるとのことです。

パソコンがない限りアップデートできなくなるため、旧機種をまだ使っていてパソコンをもってない人は忘れずにアップデートしましょう。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!