相手との駆け引きがおもしろい! 『ポケモンメダリオンバトル』をプレイしてみたら激アツ展開連発!

Pokémon Medallion Battle(以下:ポケモンメダリオンバトル)』のプレイレポートをお届けします。

『ポケモンメダリオンバトル』はカードゲームに似てる


12月24日に『ポケモンタワーバトル』と『ポケモンメダリオンバトル』のサービスがFacebookで開始!

どちらもブラウザやスマホのFacebookアプリでプレイが可能。プレイするにはFacebookのアカウントが必要となります。

『ポケモンメダリオンバトル』は、プレイヤー同士がそれぞれ持っているメダルを場に出し、強さを競うカードゲームに似たような戦略性が問われるゲームとなっています。

今回はライターのカクが『ポケモンメダリオンバトル』をプレイしてみました!

ゲームプレイの方法について

『ポケモンメダリオンバトル』をプレイするには、Facebookをインストール、またはブラウザでFacebookを開き『ポケモンメダリオンバトル』公式facebookのページを開きましょう。そして【ゲームをプレイ】から『ポケモンメダリオンバトル』を遊ぶことができます。どちらの方法でもFacebookにログインしなければプレイはできません。


デッキを組んでプレイヤーとバトル!

まずは自分のデッキを組みましょう。6枚のポケモンメダルでデッキを構成することができます。属性などは気にせずパワーの高いポケモンを優先的に編成するのがおすすめです。


バトル開始! Facebook上の誰かとランダムでマッチングしたり、自分のFacebook上の友達を誘ってプレイすることも可能です!


バトルでは、お互いに手持ちのポケモンメダルから1枚を場に出し、メダルのパワーが大きかった方が勝利となります。


バトルを繰り返して、先に3回勝利したプレイヤーがバトルに勝利となります!


「ポケモン」によっては、特殊な能力を持っており、相手のポケモンメダルを1枚表にして見ることができたり、属性が有利な相手にはパワーが大きくなったりと、戦略の要素もあります。


このポケモンメダルのパワーは、ゲーム内のアイテム「ふしぎなアメ」を使用することで上昇させたり、「ポケモン」を進化させることも可能です。自分の好きなポケモンを育てることができるのは良いですね!


ポケモン図鑑では、自分が入手している「ポケモン」を確認することができます。色々な世代の「ポケモン」が登場するのもファンにとっては嬉しい要素ですね!


実際にプレイ

ここからは真剣にバトルしていきます! 相手はスーパーボールが1つにモンスターボールが4つ。どこでスーパーボールを切らせていくかが重要になってきますね!

まずは「フォッコ」を選出、そして相手が出してきたのは「トランセル」でした。「トランセル」は特殊能力でそのバトルを無効にして無かったことにできます。いきなり一番強い手持ちのポケモンがバレてしまいました。


もう一度「フォッコ」を選出しますが、相手は弱点を付ける「ワニノコ」を出してきました。まずは1本取られてしまいます。相手の方の上手いプレイ、かなりやり込んでる感じがしますね。


一度様子見で、自分のパーティでは中堅ぐらいの強さの「イーブイ」を選出していきます。すると相手も「イーブイ」を選出。ここは相手の「イーブイ」が僅かにパワーが高いので負けてしまいました。「ふしぎなアメ」で強化さえしていれば、このバトルも勝てたかもしれませんね。


僕はもう後がないので、ここで残っている一番強いポケモン「ポポッコ」を選出していきます。ここも相手のプレイが輝いてきます。恐らく僕が一番強いのを出してくると予想して、一番手持ちでパワーの低そうなポケモンを選出されました。このバトルは勝ちましたが、上手く強いポケモンを避けられた感じです。


そして最後は、相手が残っているスーパーボールのポケモン「カビゴン」を選出、こちらも残っている手持ちの中で一番強い「コダック」を出していきますが、全くパワーが足りず負けてしまいました。このプレイヤーの方は本当に上手かったですし、熱いバトルができたのではないでしょうか。


『ポケモンメダリオンバトル』をプレイしてみましたが、相手が次に何を出してくるのか先を読んだバトルがカードゲームみたいでおもしろかったです。手持ちの「ポケモン」によっては、「モンスターボール」ではなく「スーパーボール」や「ハイパーボール」に入っている「ポケモン」もいるので、相手の手札にそれらの「ポケモン」がいる時、いつ出してくるのかの読み合いが重要で奥が深いなと思いました。

皆さんもぜひこの機会に『ポケモンメダリオンバトル』をプレイしてみてください!

『ポケモンメダリオンバトル』公式facebook

Facebook ・販売元: Facebook, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 424.9 MB
・バージョン: 251.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)2019 Pokemon (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!