これぞまさに次世代型! 読書管理アプリ『Readee』で本の管理方法が変わる…

“次世代型アプリ”を駆使して、スマホの中に“自分だけの本棚”を作ってみませんか? 読書管理アプリ『Readee』なら簡単に実現できます。

本の管理方法を変える読書管理アプリ『Readee』


先日ふと本屋に立ち寄ったとき、“あれ? あのシリーズってどこまで読んだっけ?”とド忘れしてしまいました。結局そのまま思い出すことができず、その日は何も買わないで本屋を去る羽目に。出先でも家の本棚を確認できたら… と嘆いていた矢先、ある画期的なアプリを見つけました。その名も、次世代型読書管理アプリ『Readee』です。

本棚を作れる… だけじゃない!?

同アプリは本をバーコードスキャンするだけで、スマホ上に自分だけの本棚が作れる読書管理アプリ。楽天ブックス利用者の場合は、購入データを反映させることも可能です。

試しにバーコードをスキャンさせてみましたが、これが驚くほど簡単。スキャンの感知能力が非常に早いので、これなら本が大量にあってもスムーズに作業が終わりそう。


しかし驚くのはまだ早いです。スキャンした本は基本情報やみんなのレビュー評価などが自動的に見れるほか、自分でMYレビューや読書開始日などもつけられます。出先で自宅の本棚を確認できればいいや程度に考えていたのですが、まさかここまでできるとは…。これを機に読書記録でもつけてみようかな。


中でも驚いたのが、自分に合った新刊を紹介してくれる「新刊棚」。登録後に画面下の「新刊棚」が赤く光っていたので押してみたら、本棚に登録した著者の新刊が追加されていました。新刊のチェックをサボりがちな私には、これ以上ないくらい嬉しい機能です。

『Readee』は、まさに“次世代型”読書管理アプリの名にふさわしいアプリでした。

Readee ・販売元: Rakuten, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ブック
・容量: 85.7 MB
・バージョン: 2.7.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Rakuten, Inc.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!