これはヤバい!! 丸美屋「麻婆豆腐の素」で炒飯を作ったら、あまりの簡単さと美味しさに衝撃が走った件!

夏休み真っ只中、家族のために昼食を作らなければならないという方も多いと思います。毎日こうも暑いとキッチンに立つのも嫌になりますし、パパっと簡単にできるメニューが嬉しいですよね。

今回は、丸美屋の公式ツイッターで見つけたアレンジレシピ「麻婆チャーハン」をご紹介したいと思います。チャーハン作りに苦手意識があった筆者でも、めちゃくちゃ簡単に、しかも美味しく作れちゃったので、「これはもう中華鍋をポチらねば」と勘違いしたほど。なんせ味付けは「麻婆豆腐の素」だけですから!

ランチにおすすめしたい時短メニュー


材料はこちら
・麻婆豆腐の素、トロミ粉…各1回分
・ごはん…約500g(茶碗に軽く4杯分)
・粗みじんにした長ねぎ…中1/2本(約30g)
・卵…2個
・(お好みで…ピーマン、玉ねぎ、レタス、ウインナーなど)

筆者は公式に掲載されていた「中辛」の麻婆豆腐の素を使用しましたが、甘口や辛口、大辛などのラインナップがあるので、お好みで選んでくださいね。

ごはん500gは、炊きあがったごはん2合弱、1合半強といったところ。できあがりの目安量は2人分ですが、小さなお子様達と一緒に食べる場合は、3~4人で取り分けても楽しめる量になっていますよ。それでは早速作っていきましょう!

まずは下ごしらえから(と言っても混ぜるだけ)

麻婆豆腐の素を開けてみると、素とトロミ粉が各2つずつ入っています。


一箱で2回分使えるって嬉しいですよね。今回は1回分だけ使いますよ。


まず、トロミ粉(1回分)を大さじ2(30ml)の水で溶いて、トロミ粉液を作ります。


2個分の卵を割りほぐした中に、このトロミ粉液を混ぜたら準備完了です。


原材料名を見るとわかる通り、トロミ粉には生姜やねぎ、にんにくが入っているため、これだけで中華風のいい香りがします。


 

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!