誰を相手に商売するか:AppStoreでのiPhoneアプリのプライシング(値付け)について。


AppStoreでのレビューよりも深刻なのがこのテーマ。顧客に訴えるメッセージとして一番強いのは、やはり価格をどう見せるかと言うことだと思います。このテーマについては多くの人が様々な記事を書いているので、おいおい翻訳して紹介していけたらと思います。

それでは記念すべき第一回はこちらの記事から「AppStoreにおける値付けについて」
On App Store pricing – Instapaper Blogなのですが、今まで訳してきた記事の中ではあつい気持ちのこもったきじでした。

例の通りほぼ訳いきます(注:論調は演出です。)。


週をまたいで二人の執筆者がAppStoreにおける値付けについて素晴らしい記事をあげてくれた。

Andy FinnelはiPhoneアプリ開発者達に提供するアプリの価格を上げそして$9.99(1200円)を一つの標準価格にしようじゃないかと提唱した。素晴らしい記事だ、そして、開発者であればぜひ彼のメッセージについてよく考えてみて欲しい。

Veiled Gamesはこれに対し、おそらく平均的なiPhoneアプリ開発者達がするであろう反応をし、いくつかの不誠実な決めつけを行った。

  • 1.人々はそんなにiPhoneアプリを欲しいと思っちゃいない。
  • 2.もし、$0.99以上の価格のiPhoneアプリを販売したなら人々はすぐにブーたれるだろう。
  • 3.非常に数少ないアプリが$9.99かそれ以上で販売されている。このレンジで販売しているやつらは十分な売り上げを上げていない。(訳注:おそらくGameloft社はあの高額iPhoneアプリ達で世界で一番売り上げていると私は予想しています。日本の売り上げは知りませんがアメリカでのプレゼンスは唯我独尊状態です。)

よし、私はiPhone開発者で今私のiPhoneアプリは$9.99で販売されている。大ヒットというわけではないし、1億円入ってくるほどは儲かっちゃいない、しかし私が週に数時間コミットしたこのアプリという点では極めて健康的な数字をあげているんだ。プロモーションには1セントだって払っちゃいない、アプリの更新だってここ数ヶ月は行っていない(今用意しているところだが)、数少ない人が価格について不平を言ってくるよ、だけどもその数は私のiPhoneアプリを購入し、使って本当に良かったと言ってくれる人の数にくらべれば本当に少ないんだ。

$9.99でiPhoneアプリを販売することは無理難題ではない、しかしあなたはその価格で販売したからと言って期待するような数字があげれれるということではない。ここから、私のアプリのエピソードを交えた証言といくつかマーケットについての勘所を披露する。
無料お試し版を提供しよう。

誰かに$2以上するiPhoneアプリをただ闇雲に買ってくださいとお願いすることはタフな話だ。糞アプリと呼ばれないような無料版を用意しよう、有料版にあるような素晴らしい特徴や有料版を際だたせるような内容を盛り込んでおいてね、それで無料版を使う人にはこのアプリには有料版がある(そして、ぜひ購入してください)ということを知らせよう。

本当の価値を届ける。:我々のようなギークだけじゃなくて、多くの人が抱える問題を解決する。人々にそのアプリを愛してもらい、2つのサンドイッチ(注:サブウェイとかマクドナルドとかそのあたり)よりも価値があることを分かってもらおう。簡単なことじゃない、時間がかかるよ。

尊厳を持ちなさい:仕事に誇りを持つんだ。糞アプリなんて出してはいけない。だけど、投下した時間とその価値を尊重しよう。時は金なりはトレードオフしているか?自分の努力に見合わないソフトウェアなんて作ってはいけない。

安売りの魔力にひるむな:安売りだ安売りだとemail, blogの投稿, AppStoreでのレビュー, Twitterのステータス、コメント欄から価格についてのコメントがやってくることだろう(そうでなければ設定価格が安すぎるだけだ。)。そういうのは無視すること。やつらに迎合したって、そいつらはブーブー豚のように、それこそ無料になるまで文句を垂れ続けるんだよ。彼らを満足することなどできない。そうする必要などない。世の中には適正価格に納得してお金を投下してくれる人はたくさんいる、しかしこういった素敵なブログ読者や知性の高いYoutube視聴者諸君は総じて声をあげない。

理にかなった期待を得ること: そのiPhoneアプリを開発する割にあう価格をきちんと計算しよう。いくつダウンロードしてもらいたい?ああ、いくつiPhoneが世の中にあると思う?もし、特別なグループの人用のiphoneアプリを提供するなら(例えば特定のウェブサイトを見る人のためのであるとか)、対象となる人は何人で、その中でiPhoneを持っている人はいったいどれだけいるんだろう?可能性として、何パーセントの人があなたのアプリを耳にするのだろうか(あなたが最高にいけてるなら5%くらい)?その中で、何パーセントが自ら購入してくれるのだろう?

上記の勘定をした上で、適正と思える価格で販売し、その数を達成することは、いくつかのiPhoneアプリにとっては普通に難しくなっていくだろう。多くの人が通貨変換やチップの計算をするアプリに$9.99を支払うことはないからね。

ゲームは特殊なケースだ。ゲームを$9.99で売ることは可能、だがそれは良いiPhoneアプリを売ることよりも難しいことなんだ、というのはゲームでは人々の問題、女の子をハントしたり、時間の節約、収益を上げる、人生を豊かにする、などは解決されないということだ。ほとんどのアプリにはほんの少しの価値が存在している、一度クリアした時や、そのアプリにうんざりしたときは、もう一度ゲームをプレイするということは稀ではないか。ゲームの市場では本当に多くの低価格または無料iPhoneアプリと戦っていかなければならない。しかしここには無限の新ゲームを求める需要が存在するし、ゲーム市場の持つ潜在性は良いアプリを求めるマーケットよりもはるかに大きい。素晴らしいゲームを$9.99で販売することはできる。しかしそのハードルは高いよ。

記事を終わりにしよう。このコメントを残す。「ここには価値に見合った価格で、納得してソフトウェアを購入してくれる多くの顧客がいる。しかし彼らはレビューにも現れないしemailもくれない。彼らは何も言わず購入してくれ、あなたは彼らのことなど知らないままでいる。彼らが(相手にすべき)市場を形成する、不満や嫌みをいうやつじゃないんだ。」

人々は価値のあるソフトウェアがあるなら喜んで代金を支払ってくれる。iPhoneのプラットフォームにだって違いはない。金払わないで遊ぶのが当然といった人間だけで構成された、呪いに満ちたプラットフォーム(注:それなんてインターネッ(ry)じゃないんだよ。他の市場にいるのと同じように彼らをおもてなししなさい、そしてあなたはそれに見合った反応を同じようにして知る事になるんだ。

今回のメッセージを解釈するなら「誰を相手に商売するか」と「届ける価値と価格について考えているか」ということではないでしょうか?自分の意見をぐっとこらえてここは是非開発者様の感想をまず聞いてみたいところです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!