iVidCam ビデオカメラ: 10倍デジタルズーム搭載、Wi-Fi転送にも対応。iPhone 3Gで使えるビデオカメラアプリ。53

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

iPhone 3Gで動画を撮影できるアプリとしては、以前にもiVideoCamera( iVideoCamera: iPhone 3Gユーザにほんのちょっと朗報!3Gでも動画が撮影できるアプリ。2002 )をレビューしたが、その後同種のアプリが次々とリリースされている。中でも現時点でベストと言えるのが、このiVidCam (for 3G/2G with 10x Digital Zoom) だろう。

iVidCamの特徴は2点ある。ひとつは10倍デジタルズームを搭載していること。冒頭の動画でもおわかりいただけるだろう(ただし実用に耐える倍率はせいぜい2〜3倍までだが)。もうひとつは、撮影した動画をWi-Fi経由でパソコンに転送できることだ。

iVidCam (for 3G/2G with 10x Digital Zoom)


iVidCam

起動したら、画面右下のボタンをタップすれば録画が開始される。停止するには再度同じボタンをタップすればよい。


iVidCam

撮影した動画はエンコード処理を経ないと再生できない。撮影終了時に即エンコードするには「Encode Now」を、後回しにするには「Encode Later」をタップする。


画面左下のフィルムボタンをタップすると、撮影した動画がリストされる。後からエンコードするならここから「Encode」ボタンをタップする。エンコードが完了し再生可能状態になった動画は「Saved Videos」に表示される。

iVidCam iVidCam


iVidCam

動画はそのまま内部ビューアで再生可能なほか、YouTubeに投稿することもできる。


iVidCam

リストの最下部にある「Wifi Transfer」をタップすると、URLが表示される。これをパソコンのWebブラウザに入力すれば、Wi-Fi経由で動画をダウンロードできる。


撮影できる動画の仕様だが、解像度は427×320、フレームレートは3〜7fps、圧縮形式は動画がフォトJPEG、音声はリニアPCMで、拡張子は.m4vとなる。QuickTime Playerでも問題なく再生できた。ちょっとした動画メモ程度の用途なら、十分役に立つだろう。

iVidCam


なお、ストレージに空きがあれば10分以上の動画も撮影可能とのこと。ただしエンコードにはかなり時間を要すること必至だ。

iVidCam (for 3G/2G with 10x Digital Zoom)
  • 販売会社リンク: | ividcam.com
  • 参考価格:115円
  • 写真(Photography)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次