[iPad] Things for iPad: シンプルイズベストを体現した、王道ToDo管理アプリ。1709

とにかくシンプル。使い勝手、機能、デザイン、いずれも最小限。でも、それがとてもよいToDoアプリ、Things for iPadをご紹介します。

Things


Things for iPadの3ポイント紹介

・ToDoは5種類。今日実行、次に実行、スケジュール、いつか実行、そしてプロジェクト型
・洗練された、シンプルなデザインがいいですね
・日本語との相性がやや悪いようです(詳しくは後述)

機能が少なく、あっさりとした使い勝手というのが最大の特長。また、Mac専用の有料のソフトウェアを使えば、iPhone版・iPad版・Macで同期ができるところも特長のひとつ。

マイナス面としては、日本語入力。文字入力の際に、1文字目と改行時に強制的に文字が確定してしまいます。改善を期待ですね。

では、早速ご紹介していきます。


Things for iPad

質素なデザイン、好きです。では早速to-doをひとつ作ってみましょう。

Things


New To Doとして入力できる項目は、To Do名、タグ(自由に設定可)、メモ、締切。

Things


いくつもTo Doを作成してみました。左のチェックボックスですが、赤い物は「今日以前」が締切なTo Doです。

Things


タグでフィルタリングして検索することも可能です。

Things


また、「→」ボタンタップで、To Doを他の一覧に移動することも可能です。

Things


なお「Scheduled」リストに移動させる時は、締め切り日の他に、開始日を設定する必要がありますのでご注意下さい。

Things


「★」ボタンをタップで、本日行うTo Doとして設定することが出来ます。もしくは、★をはずすと、そのTo Doは自動的に「Next」に移動します。

Things


Next一覧。こちらは、次(近日中)に行いたいTo Doの一覧です。

Things


締切順に並び替えが可能です。

Things


Scheduled。こちらは、開始日が設定されているTo Doです。

Things


Someday。いつか実施。

Things


Inbox。とりあえず登録しておくならここ。

Things


プロジェクトを設定できます。

Things


なかなか着手できていないAppBank English。。。

Things


Appbank Englishというプロジェクトの中にTo Doを登録することが出来ます。

Things


★をつければ、本日行うタスクに投入することも出来ます。

Things


Logbookは履歴ですね。

Things


設定としては、Badge CountとLog Itemsを設定できます。

Things


Things

縦でも見られます。


Things

縦も悪くないですね。


以上です!

私はこのシンプルで質素な使い勝手やデザインが大好きです。特に英語でTo Doを入力する方にはオススメです。


Things for iPad
  • 販売会社URL:Support | Cultured Code
  • 参考価格:2300円
  • 仕事効率化(Productivity)
  • 執筆時のバージョン:1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!