Free Memory Lite: 「起動=メモリー解放」のシンプルさ。iOS4, iPhone4 に対応済。1710

freememorylite

Free Memory Liteの3ポイント紹介

・起動した瞬間にメモリー解放開始。すぐに終了
・利用可能なメモリーの容量が一目でわかる
・バッテリーの残り容量も一目でわかる

iPhoneが重いと思ったら、ぱっと起動してぱっとみてぱっと落とす。Free Memory Lite。Liteですが有料のアプリです。


初めて起動した時は困惑すると思います。なぜなら、起動したら自動的にメモリーの解放が始まり、すぐに終わるからです。

恐らく「え?このアプリ動いてるの?」と感じてしまうと思います。大丈夫ですよ、動いてます。ちなみにiOS4にもしっかり対応してます。

では早速ご紹介していきます。

appbank追記:
このアプリを利用したユーザー様より、起動中にフリーズする、一部データが消えたというご報告いただきました。私(iPhone 4), kazuend(iPhone 4), toshism (iPhone 3GS, iOS4)が使っている際にはまだ変化や不具合を確認していないのですが、ご購入の際はお気をつけください。


Free Memory Lite

freememorylite

起動しました。

メモリーが17.34 MB!ヤバい!

そして、そのまま何もせずにいると・・・


freememorylite

メモリーが増えた!

125.65 MB!


以上です!

なんとシンプルなアプリ。全て自動で行われます。本当に働いているのかわからないくらいです。でも、働いているから大丈夫ですよ!

では、iPhone4 ではどーなるのか?!

バトンタッチして、@appbankです!早速 iPhone 4 で試します。起動と同時に、じょじょに空きメモリが増えていきます。ボタンすらないアプリというのはなかなか新鮮ですね。


ここで、マルチタスキングのために待機しているアプリを消すと、、、、
空きメモリがどんどん増えていく!!!
下のトレイが表示されている間もメモリ値が変化しているのが地味にうれしい。


ということはもっさりしてきたら、マルチタスキング用の待機中のアプリを終了するとサクサク!というのは私の勘違いじゃなかったということだ!

iOS 4対応の Free Memory Lite、良い仕事してくれてます!


Free Memory Lite
  • 販売会社URL:Free Memory Lite
  • 参考価格:115円
  • ユーティリティ(Utilities)
  • 執筆時のバージョン:2.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!