[iPad] PosterPro: サイケデリックな写真を15種類のフィルタでサクッとつくろう!3555

PosterPro


PosterProは幻覚のような、サイケデリックな写真がつくれるアプリ。

最初からフィルタが15種類収録済みなのでただボタンをタップするだけ!それだけで、ポップアート的な写真の出来上がり!

この手の加工には様々なフィルタが必要でしたが、PosterProを使えば簡単につくれてしまうわけです。よけいな操作がないので思う存分、感性の赴くままにいじれます。

思いがけない写真がつくれること間違いなし!
詳しくご紹介します。


PosterPro

加工方法は「Poster Styles」・「Top Layer」から既存のフィルタを選ぶ、「Color Mix」で赤・緑・青の明度を変更する、の3つです。

PosterPro


iPadに保存されている写真を読み込んで編集することもできます。

PosterPro


Poster Styles

収録されているフィルタは7つ。順にご紹介します。

PosterPro


「Standdard」。グラデーション部分を極力減らし、原色に近い色に変えています。

PosterPro


「Night」。昼間の風景も夜の景色のように見せます。

PosterPro


「Washout」。まるで写真を洗ってしまって色落ちしたかのように変色させます。

PosterPro


「Mono」。自動で「Standard」フィルタを適用した上でモノクロ化しています。

PosterPro


「Blue Sunset」。青い夕日ということで、空に近い色の部分を真っ青に染めます。

PosterPro


「Green Sunset」は緑の夕日を再現。

PosterPro


「Red Sunset」。最も夕日に適した色のはずですが、原色が強いのでサイケな感じに。

PosterPro


Top Layer

さらに過激なフィルタをそろえたのが「Top Layer」です。これは先ほどご紹介した「Poster Styles」と組み合わせて使うことができます。

こちらは「Negative」を適用してみた写真。写真のネガのように色が反転しています。

PosterPro


「Quatered」。写真を4つにエリアに分割し、対角線上の2つのエリアだけ脱色します。

PosterPro


「Edgy」は写真の輪郭を強調するフィルタ。前衛的です。

PosterPro


「Blur」は写真にぼかしを入れます。サイケな色使いだった写真もどことなくアニメやゲームの背景画のようになりました。

PosterPro


「Manic」は日本語で言う「そう病」のこと。なかなかキてます。

PosterPro


Color Mix

三原色とも呼ばれるRGB、つまり赤・緑・青の明度を調整できます。このモードを選択すると写真は自動で「Standard」フィルタが適用された状態になります。

PosterPro


左下の「Album +」をタップすると、つくった写真が保存できます。

PosterPro


作品例

みんな大好き!エンポスさんが…

PosterPro


こんな姿に!アバンギャルドなエンポスさんもかっこいいですね。

PosterPro


ぜひお試しください!


PosterPro
  • 販売会社URL:Support
  • 参考価格:450円
  • 写真(Phorography)
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!