[iPad, iPhone] Aura 2: Flux: 星座を作るように図形を描き、ムードミュージックを奏でるアプリ。3669

aura2 flux


星座を作るような感じで、幻想的なムードミュージックを奏でることができるアプリ、Aura 2: Fluxをご紹介いたします。

音の発音点と、その発音点をつなぐ点をポチポチと置いていくだけで、非常にイイ感じの音楽となります。発音点から出される音の種類や音階を変えることができ、そのバリエーションは非常に豊富です。

さっそく紹介に入ります!


Aura 2: Flux


iPad – Aura 2: Flux

ヘッドフォンで音を聞くとモアベターですよ。

aura2 flux


こちらがメイン画面です。

すでにバックでホワァ〜ッて感じの音が流れています。
白い雪のような模様がランダムで表示されます。

aura2 flux


指で画面をタップすると、ポンッと音がなります。
画面上をサッとなでると、ポロロンッとハープみたいな感じ。

aura2 flux


赤枠で囲んだボタンから、全体のムードを変更可能です。
4つあり、おそらく四季をイメージしているものと思われます。
バックの音楽の音量も調節できますよ。

aura2 flux


それではさっそく星座を作るようにおえかきしていきましょう!

赤枠で囲んだ部分からツツゥーッとドラッグすると、こんなオブジェクトが設置されます。これが発音点となります。一定間隔で音がポンッと鳴ります。

aura2 flux


こんどはこっちからドラッグしてきます。
発音点から出た音を運んでくれるポイントとなります。
発音点の近くにおかないと線でつながってくれません。

aura2 flux


発音点をタップすると、音量、発音の周期、音程などを調節できます。

aura2 flux


いっぱいつなげてみました。
発音点から出発した音は、他の音とぶつかっても音がなります。

ポワァ〜ン、ポンポォン、ポワワァワ〜ン。

aura2 flux


発音点だけではなく、通過ポイントでもいろいろ調整できます。

aura2 flux


発音点から出す音を変えることもできます。
赤枠で囲んだボタンをタップしましょう!

aura2 flux


デジタル、弦楽器、ドラム、ベースなどいっぱいあります。

aura2 flux


ハイハットを選んで、こんな感じで配置してみましたよ。

aura2 flux


このボタンから、作品を保存しておくことができます。
【New Save】をタップして、新しいファイルとして保存しましょう。

aura2 flux


名前を入力します。

aura2 flux


っと、こんな感じで保存されます。
ロードすることもできますし、さらに編集することもできます。

aura2 flux


それでは、今度はベースを追加してみましょうか。
InstrumentsからBass & Synthを表示し、お好きな音を追加しましょう。

aura2 flux


ドラムの部分に追加してみました。

ドラムの音とベースの音が、混ざる混ざる。
発音のタイミングをランダムに設定すれば、心地いいカオス感です。

aura2 flux


どんどん他の音を追加しちゃいましょう!

aura2 flux


ほら、なんだか星座みたいな感じです。

aura2 flux


aura2 flux
縦表示でも問題なく使えます。


iPhone – Aura 2: Flux

iPhoneでもバッチリ使えちゃいますっ。

aura2 flux
aura2 flux


夜空を眺め、瞬いている星をトレースして音楽にしたら、とってもロマンチックです!


Aura 2: Flux
  • 販売会社URL:Aura Flux
  • 参考価格:230円
  • ミュージック (Music)
  • 執筆時のバージョン:1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!