[iPad, iPhone] 「砂」: で遊べるアプリ。とにかくリアルな動き方。砂時計も作れますよ!271

SandArt


アプリ名、「「砂」」。
とってもわかりやすいっすね。

その名の通り、砂ですね。上から砂が落ちてきます。左右に傾ければ、砂もリアルに反応します。砂を遮る線を描いたり、線に穴を開けたり、リアルな動きを楽しめますよ。

iPadでもiPhoneでも同じように使えるユニバーサルアプリです。
iPadで使えば、イイ感じでお子様のおもちゃとなりそうです。

それではさっそく紹介に入ります。


「砂」


iPad – 「砂」

起動してみると、いきなりザザザーッ。

SandArt


なかなかリアルにサラサラと転がっていきます。

SandArt


画面下部の【Wall】をタップすると、砂を遮る線をか描くことができます。
もう一度タップすると線の色も変更することができます。

SandArt


真ん中あたりに描いてみました。

SandArt


右上にも描いてみました。

SandArt


画面下部の【Eraser】をタップすると、描いた線をけせるようになります。
左上にあった線に穴を開けてみました。

SandArt


【Sand】をタップすると、タップした場所から砂を出現させることができます。
画面右下あたりをタップしたり、円を描いてみたりしましたよ。

SandArt


【Vacuum】は掃除機です。砂をぎゅわわわーっ吸い込んでくれます。
少し分かりにくいですが、右上の少しくぼんでいる所をタップしています。

SandArt


【Menu】をタップすると状態を保存したり、保存したものを読み込んだりできます。

SandArt


さらに【設定】をタップすると、砂の動きや色を変更することが出来ます。

SandArt


【カスタマイズ】をタップすると砂の動きをカスタマイズできます。
【上下反転】はなかなかおもしろそうですね。

SandArt


保存してみました。

SandArt


今度は読み込んでみました。
上の2つはプリセットです。
「砂時計」をタップしてみました。

SandArt


どこからどうみても、砂時計です。
逆さまにすると、ほら、砂時計。

SandArt


iPhone – 「砂」

iPhoneでも同じように使えるユニバーサルアプリです。
これで先程の「砂時計」を読み込んだら、本物の砂時計みたいですね。

SandArt
SandArt


なかなかおもしろい動きですね!

こちらから作者さんによる、仕組みの解説などを読むことができます。
プログラムの仕組みが知りたい人なんかは、ぜひチェックしてみてください。
「砂のページ」


「砂」
  • 販売会社URLSand
  • 参考価格:115円
  • エンターテインメント (Entertainment)
  • 執筆時のバージョン:1.0
AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す