Slingbox PRO-HD【アプリ編】: 専用アプリ Slingplayer でテレビ映像を iPhone, iPad から観よう!


Slingbox にはその映像を視聴できる専用の iPhone/iPad アプリがあります。iPhone 版は SlingPlayer Mobile 、iPad 版は SlingPlayer Mobile for iPadです。残念ながらアプリはユニバーサル仕様ではなく、iPhone 版・iPad 版と独立したアプリになっています。

iPhone/iPad から Slingbox にアクセスするにはこれらのアプリを購入しなければならないので、Slingbox を導入する際のハードルは少しばかり高くなります。が、接続機器の遠隔操作ができるので出先からチャンネルを切り替えたり、HDD レコーダーを操作して録画予約ができたりと、少々値段が高いアプリのことだけはあります。

気になる画質や使い勝手をさっそくチェックしてみましょう。

Sling box PRO-HD を amazon チェック!
Slingbox PRO-HD SMSBPRH111

iPhone で使える SlingPlayer Mobile for iPad

アプリを使うにはまず Slingbox を登録したアカウントでログインする必要があります。

SlingPlayer Mobile


ログインが済むと設定や Slingbox の管理画面にアクセスできるメインメニューが表示されます。

SlingPlayer Mobile


先日の記事で Slingbox は既に登録済みなのでアプリ側で何も設定しなくても「機器」画面には Slingbox が追加されています。

SlingPlayer Mobile


「設定」画面。3G 回線や Wi-Fi 回線経由での視聴時に自動的に HQ を使うか、あるいは左・右音声の再生を行うか否かなどの設定が行えます。

SlingPlayer Mobile


HQ は SQ に比べて高品質な映像・音声で再生するモードのことですが、3G 回線経由では帯域が足らず、HQ での視聴は困難です。地域によっては可能ですが、電車内など移動中に見ることが多い場合は「携帯で HQ 使用」のオプションはオフにしましょう。

では「一覧」から Slingbox を選ぶか、「接続」をタップしてアクセスしてみましょう。

以下の画像は SlingPlayer Mobile で Slingbox へアクセスしたところ。著作権侵害を回避するため、画像は加工してあります。

SlingPlayer Mobile


肝心の画質ですが HD 画質には到底及ばないものの、回線速度が安定していればワンセグより解像度が高く、クリアな映像と音声を楽しむことができます。

ただ 3G 回線経由で視聴する場合は回線速度が低く、特に電車や自動車での移動中に視聴するとなれば一定の回線速度を得ることが難しいため、ワンセグよりも少しばかり画質・音質が良いといった程度になりますが、フレームレートは低いのでちょっとコマ落ちしたかのように見えます。状況によってはワンセグあるいはそれ以下に落ち込むことも。

また、本アプリは Retina Display に対応していないようで、iPhone 4 で視聴した場合は HQ/SQ や回線速度の違いに関係なく、映像が荒く見えてしまうという難点もあります。

SlingPlayer Mobile は Slingbox からの映像を見ながら各種操作が行えるのですが、ボタンが多い為に著作権侵害を回避するための画像加工が難しいことから、以降の画像はすべて映像無しの状態でのものとなります。予めご了承ください。

画面をタップするとボタンが表示されます。番組表・メニュー・リモコンについてはすべて Slingbox に接続しているチューナー・HDD レコーダーの機能を呼び出すボタンで、品質・オプションは Slingbox 側での設定を変更するためのボタンです。

SlingPlayer Mobile


「オプション」をタップすると Slingbox との接続を断つ「切断」や映像を切り替える「機器切り替え」、表示する映像のサイズを変更するボタンなどにアクセスできます。

SlingPlayer Mobile


「機器切り替え」をタップすると Slingbox に接続している複数のチューナー・HDD レコーダーを切り替えられます。例えば地デジ放送に飽きたら CS/BS チューナーに切り替えれば、CS/BS 放送を視聴することができます。

SlingPlayer Mobile


「リモコン」にアクセスすると、チューナーや HDD レコーダーの電源を入/切できるボタンやチャンネルを切り替えるボタンなどが表示されます。

SlingPlayer Mobile


「KeyPad」では番号を入力してチャンネルを切り替えることもできます。

SlingPlayer Mobile


「D-Pad」は HDD レコーダーや CS/BS チューナーに付き物のカーソルキーの代わりを果たしてくれます。ボタンは透過表示なので映像を見ながら操作ができます。

SlingPlayer Mobile


またジェスチャーによる操作にも対応。例えば上下にフリックすると、チャンネルを切り替えることができます。

SlingPlayer Mobile


リモコン操作のレスポンスですが、やはり直接リモコンのボタンを押して操作するのとは違って、1秒近いタイムラグがあります。ですが HDD レコーダーでの録画予約などの複雑な操作もやってやれないことはなく、チャンネル操作といった簡単な操作なら常用に堪えうる程度のラグだと思います。

既にウェブブラウザや iPad などから Slingbox の映像を見ている際に iPhone からアクセスするとこのようなメッセージが表示されます。Slingbox の映像を同時視聴できるのは1台までに制限されているからです。

SlingPlayer Mobile


iCanSee

iPhone 版アプリのリンクです。


iPad で使えるSlingPlayer Mobile for iPad

基本的な機能は iPhone と同じです。初めて起動する際には Slingbox を登録したアカウントでログインする必要があります。

映像は Wi-Fi 回線経由なら iPhone 版よりもキレイです。HD 画質とまではいきませんが、Wi-Fi 回線経由での視聴ならば間違いなくワンセグよりも高品質な映像・音声を楽しむことができます(画像は加工してあります)。また、iPhone 版に比べてフレームレートは高く、比較的スムーズに映像を再生してくれます。

SlingPlayer Mobile for iPad


iPhone 版同様、3G 回線経由であれば回線速度とその安定性の問題から Wi-Fi 回線経由に比べて画質・音質ともに劣化してしまいます。

iPhone 版に比べて映像を見ながらでも使いやすいユーザーインターフェイスですね。

SlingPlayer Mobile for iPad


ボタンをタップすれば、あらかじめ設定してあるリモコンと同等の動きをしてくれます。

SlingPlayer Mobile for iPad


番号を入力してチャンネルを切り替えられるテンキーもあります。

SlingPlayer Mobile for iPad


「MISC」では接続機器の電源をオンにしたり、 チャンネルの切り替えが可能です。

SlingPlayer Mobile for iPad


もちろんジェスチャーによるチャンネルの切り替えにも対応!

SlingPlayer Mobile for iPad


iCanSee

iPad 版アプリのリンクです。


まとめ

どこでもテレビが見られるというのが Slingbox のウリですが、SlingPlayer Mobile と SlingPlayer Mobile for iPad はそれぞれそを現実のものとしてくれるアプリです。

ただ、家で見るテレビに比べて3G 回線経由では画質・音質ともに大幅に劣化すること。また、Wi-Fi 経由であっても HD 画質相当での視聴は困難であることの2点をあらかじめ踏まえた上で導入を検討されてください。

また、常に 3G・Wi-Fi 回線へアクセスするのでバッテリの消費量も多くなりますからエネループの外部バッテリがあると心強いですね。

次回以降は Mac/Windows から Slingbox の映像を見る方法、そして前回の記事でオススメしたバッファロー製の地デジチューナー DTV-H300 をご紹介します。

前回の記事もぜひご覧ください。

Slingbox PRO-HD【セットアップ編】: iPhone で地デジ/CS/BS 放送・HDDレコーダーの録画番組を見る!1019

Sling box PRO-HD を amazon チェック!
Slingbox PRO-HD SMSBPRH111

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!