[iPad] Planetary: 音楽の再生に合わせて動作する、美しいビジュアライザー。太陽系を思わせるデザイン。無料。1355

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Planetary


宇宙を模したデザインが美しい、音楽ビジュアライザーアプリ、Planetaryをご紹介します。

iPadの音楽ライブラリに保存されている曲ひとつひとつが星になり、曲を探す時は、星空を旅するように探し、曲を聞く時は、その星を眺める。そんなビジュアライザーです。

ずっと眺めているというよりは、仕事中などに机の片隅においておき、時々眺めては癒され、また仕事に戻る、といった使い方が可能なアプリだと思います。それでは詳しく説明していきます。

アプリを起動すると、円周上にアルファベットが。いずれかのアルファベットに触れてみましょう。

Planetary


Gに触れると、頭文字がGから始まるアーティストが円内に表示されます。

Planetary


今度はAに触れていました。すると、Aではじまるアーティストがずらり。ここで、Aから指を放すと・・・

Planetary


画面中央にだけ輝いていた星空が画面いっぱいに広がりました。Aから始まるアーティストが画面上を縦横無尽に行き来します。ここで、Animal Collective(アーティスト名)をタッチ!すると。。。

Planetary


ぐぐぐっとAnimal Collectiveに近づいていって、、、

Planetary


恒星「Animal Collective」にたどり着きました。おっと、よく見ると、画面右側に「Strawberry Jam(アルバム名)」という惑星がありますね。これをタップしてみましょう。

Planetary


すると、ぐんぐん惑星に近づいていきます。

Planetary


そして惑星に到着!すると、惑星の周りに衛星があるのがわかります。この衛星ひとつひとつが「曲」にあたります。

Planetary


なお、公転の軌道を消したり、

Planetary


名前を消したりすることも可能です。名前を消す機能を付けるとは思い切りましたね。。。

Planetary


そして曲を選択すると、曲が流れ始め、公転の周回上に曲線が伸び始めます。Fireworksという曲が流れ始めました。

Planetary


なお、この衛星の大きさは、今までの再生回数に比例しています。再生回数が多いほど、衛星は大きくなります。ちょっとした仕掛けがきいていますね。

Planetary


色んな角度から眺めることが出来て素敵です。

Planetary


最初の画面に戻ることも出来ます。望遠鏡でのぞいているみてたいで、これはこれでいいですね。

Planetary


最初の画面をごらん頂くとわかる通り、日本語アーティストは全て「#」の欄に一緒くたにされます。なので、「#」に含まれるアーティストの多いこと!

Planetary


スピッツを選択してみました。スピッツのアルバムはたくさんもっているので、惑星の数もかなり多いですね。

Planetary


涙がキラリ☆、という曲を流してみました。懐かしいですね。

Planetary


アプリは縦にして使うことも出来ますよ。

Planetary
Planetary


これはこれでかっこいいですね。

Planetary


以上です。

音楽を楽しむためのちょっとしたアプリという感じでしょうか。無料アプリとしては十分楽しめるアプリになっていると思います。iPadに曲を入れている人は、何はともあれインストールして遊んでみるといいと思いますよ!

  • 販売会社URL:Bloom Studio Inc.
  • 掲載時の価格:無料
  • エンターテインメント
  • 容量: 4.1 MB
  • 執筆時のバージョン: 1.0.0
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次