これでiPhoneアプリが1000万本売れた: これは「iOSアプリビジネスの教科書」。大事なことが網羅されています。

先日発売されたこれでiPhoneアプリが1000万本売れたついて動画で語りました。iPhone アプリ開発を始めようとしている人、iPhone開発をしている企業の担当者が「全員一度は読むべき教科書」と太鼓判を押せる内容です。

iPhone Magazine Vol 15の見所ダイジェスト

  • 大ヒットアプリを連発、総DL数1000万!Yudoの南雲社長( djnagureo )が執筆者です。
  • 「iPhoneでアプリを作ろう」って思った人、企業のアプリ担当者なら即買い、Macを買ってからリリース、プロモーションまで全て丁寧に書いてあります。誰でも読めます。
  • 価格の設定から、南雲流アプリのアイディアの作り方・引き出し方、とあるアプリの制作の流れもていねいに解説されています。
  • お金をかけないプロモーションの方法についても基本からちょっとした応用術まで書いています。
  • オマケ付録は南雲氏が作ったアプリの仕様書。これはうれしい。

プログラミングのことは一切書いてありませんが、iPhone アプリの開発やビジネスに携わる全ての人に知っておいて欲しいことがほぼ書かれています。一冊まるまる重要なことが書かれてあるのに、iPhone を持っていない人でも分かるように書かれているのもうれしいですね。

私は iPhone アプリを紹介するサイトを運営していますが、レビュー依頼を送ってくれる方はこの本をまず読んでからご連絡して欲しいなと何度も思いながら読みました。

超おすすめです!

この書籍を amazon で調べる。
これでiPhoneアプリが1000万本売れた

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!