[iPad] Video Director: 動画を撮影しながら写真を撮れる!グリッドと水平器も表示できます。

VideoDirector


iPhone用の動画撮影用アプリはたくさんありますが、iPad用となると・・・。そう、意外とありません。それでもほしいあなたに今回ご紹介するのは「Video Director」。

  • 動画を撮影しながら写真を撮れる!
  • 水平器を表示!
  • グリッドを表示!
  • 露出補正とホワイトバランス補正!
  • 左利き用UI!

などが用意されています。それでは細かくご紹介していきます。

こちらが撮影中の画面です。村井さんが映っていますね。

VideoDirector


画面右上の「Level」をタップすると画面上部に水平器が、「Grid」をタップすると画面全体にグリッド線が表示されます。

VideoDirector


赤いボタンをタップして動画を撮り始めました。撮っている最中も、青い「Still」をタップすることで写真を撮影することができます。

VideoDirector


Menuをタップすると、AExp.で露出補正の固定または適正補正を、AWBでホワイトバランスの固定または適正補正を設定できます。

VideoDirector


Qualityをタップすると、VGAで撮影するか、HDで撮影するかを選べます。

VideoDirector


さらに、Audio meterのオンオフ、Record LEDのオンオフ。

VideoDirector


左利き用UIの設定が可能です。

VideoDirector


縦でもいっときましょう!

VideoDirector


以上です。

特に動画を撮りながら写真も撮れる機能は便利ですね。活用するシーンはたくさんありそうです。ぜひご活用くださいね!

  • 販売会社URL:Otto Toth
  • 掲載時の価格:¥230
  • 写真
  • 容量: 1.2 MB
  • 執筆時のバージョン: 1.1
iPhone アイコン
Video Director
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!