【写真用語を学ぼう Vol.4】今日のお題は…「彩度」を使って写真を色鮮やかに!

みなさま、こんにちは♪

女子本部がお送りする写真特集記事は、チェックしていただけていますでしょうか?最近は「写真特集見たよ!」という声をいただく機会も増えて、嬉しい限り!!本当にありがとうございます♪

それではさっそく第四回目を迎える【写真用語を学ぼう】シリーズ、始めたいと思います!

…とその前に、今までの記事を見逃してしまった!という方や、もう一度見たい!という方は写真特集のまとめ記事があるので、そちらもぜひチェックしてみてください!!


写真特集記事まとめ

【随時更新】iPhone のカメラに詳しくなる記事まとめ!撮影テクニックから加工用語まで。

それでは、今週もはりきって参りましょう!!

今週のお題は…「彩度」

4回目を迎える【写真用語を学ぼう】シリーズ。「ブライトネス」「コントラスト」「ホワイトバランス」と進んできたわけですが、今回のお題は「彩度/saturation」です。

この彩度というのは、「色の鮮やかさの度合い」のことを言います。


彩度を調整するとどうなる?

「彩度/saturation」を上げると色味が強くなるため、ビビッドな感じの色合いになります。

また「彩度/saturation」を下げることにより、どんどん無彩色(白黒)に近くなっていきます。


こんな時に使うと効果的!

彩度を上げることにより色が鮮やかになっていくので、食べ物や風景写真に使うと色が映え、ステキな写真に仕上がります。

彩度を上げ過ぎると不自然な印象を与えるので、ほどよく調整しましょう!

また彩度を下げると無彩色に近づくので、フィルターを使わなくても白黒写真に仕上げることができます。


彩度を調整してみよう!

今週もこのPhotoForge2を使って加工して行きましょう!
PhotoForge2: 全ての写真加工アプリを捨ててもこれだけは残したい!


今回の元になる写真はこちらです。

ボールプールで遊んでいるところを写したのですが、全体的に色がくすんで見えます。


それでは右下のマークをタップし、メニューが出てきたら【HSL】をタップしましょう。


彩度(Saturation)のバーをスライドさせて、調整して行きましょう。


バーを右に動かすと、彩度をあげることができます。

右端まで動かしてみると…。

色は鮮やかになりましたが、顔の色も濃くなり過ぎてしまいました。


逆に、左側にバーを動かすと彩度が下がります。

左端まで動かすと、白黒写真になってしまいました。


彩度を少しだけ上げると…。

ボールの色がくっきりしたと思いませんか?


並べて見てみましょう。

左:加工前
右:加工後 の写真です。

カラーボールの色が綺麗に出て、明るい印象になりました♪


このように彩度を調整することにより、色鮮やかに仕上げることができます!!

その他にもぼやけてしまった食べ物の写真の彩度を上げて、美味しそうにみせたり…と、色々なシーンで使うことができますよ!!

実践編はもちろんマミルトン先生が挑戦してくれるので、お楽しみに♪(´▽`*)フヘヘ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!