[iPad, iPhone] 猫の事務所 ~ふぁんた時間 映像絵本~: 人間社会を猫で描いた宮沢賢治の名作。


おはようございます。毎日とうさん担当のKiDDです。

本日ご紹介するのは、人間社会のイヤなところを猫で表現した宮沢賢治の名作の絵本アプリ、猫の事務所 〜ふぁんた時間 映像絵本〜です。

猫の事務所 ~ふぁんた時間 映像絵本~は、声優の恒松あゆみさんの朗読で楽しめる映像絵本。「猫の事務所」は職場で一番若手の「かま猫」がいじめられる様子を描いたものですが、「あるある」すぎて大人は読んでいてつらいです・・・。

おすすめ iPhone アプリ


絵本は動画形式です。


ところどころに出てくる【★】マークをタップすると動画が止まり、解説が読めるようになります。


猫の事務所は猫の歴史と地理を調べてくれるところ。


事務長は大きな黒猫。


一番書記は白猫。


二番書記は虎猫。


三番書記は三毛猫。


そして四番手、四番書記はかま猫でした。
かま猫とは生まれつきではなく、かまどの中で眠るクセがついて汚れた猫のことを言います。
つまり、事務所にふさわしくない(とほかの猫たちは思っている)猫なのです。


そしてこのかま猫が、理不尽な理由でいじめられる様子がたんたんと描かれます。
端から見ればおかしいのですが、これが人間の社会なんですよね・・・。


iPhoneでも読めるので読んでみてください。

おすすめ iPhone アプリ
開発 NTT Learning Systems Corporation.
掲載時の価格 ¥250
ジャンル 教育
容量 104.6 MB
執筆時のバージョン 1.0
アプリのアイコン
猫の事務所 〜ふぁんた時間 映像絵本〜
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!