Bento: iPhone で記入・検索できるデータベースが簡単に作れる!今回は支出記録帳を作ってみます。

Bento
Bento


Bento は FileMaker 社が開発した iPhone 用のデータベースアプリ。「データベース」と聞くと難しそうに思えますが、実はとても簡単に作って利用できます。

そこで今回はどれくらい簡単に Bento が使えるのかをご紹介すべく、日々の出費をサクッと記録できるデータベースを作ってみます。

データベースの入力項目は自由に追加・編集できるので、App Store にある支出記録アプリはいまいち合わない…なんていう場合にも Bento なら自分好みに作れます。

おすすめ iPhone アプリ

テンプレートから自分専用のデータベースを作る

左:Bento を起動したら右下の【+】をタップ。
右:テンプレートの中から【支出】を選び、【ライブラリを作成】をタップします。

Bento
Bento


Bento

サンプルデータを削除して、右下の【+】をタップします。


Bento

データの入力画面が表示されます。

このまま各項目に数値を入力してもよいのですが、経費管理向けに作られているので、プライベートで使うには少々扱いにくいです。

そこで項目(フィールド)を少し編集してみましょう。右上の【フィールドを編集】をタップします。


Bento

項目(フィールド)を並び替えたり、必要のないフィールドを削除できます。もちろん新しいフィールドを追加することもできます。


Bento

ここでは経費管理向けのフィールドを削除し、場所を記入できるフィールドを追加してみます。フィールドを追加するには左上の【+】をタップ。


左:様々な種類の中から【テキスト】を選択して右上の【作成】をタップしましょう。
右:フィールドの名前を決めて【作成】をタップ。

Bento
Bento


Bento

これでフィールドが追加されました。

右上の【完了】をタップして保存します。


Bento

後は各フィールドに情報を記入していきます。

次の情報を記入したい時は右下の【+】をタップすると新しい入力画面が表示されます。


左:例えば【支出タイプ】にもっと選択肢が欲しいと感じた時は…
右:入力画面の【フィールドを編集】をタップ。

Bento
Bento


左:【支出タイプ】をタップします。
右:【新規の選択項目を追加】で選択肢が追加できます。選択肢の削除も行えます。

Bento
Bento


記録したデータを見る・探す

左:ライブラリの中を検索するには上の【検索】をタップ。
右:データに含まれる様々なキーワードが検索の対象なので、データが探しやすいです。

Bento
Bento


左:リストの表示の順序も変更できます。右下のボタンをタップ。
右:【表示方法】の【説明】をタップします。

Bento
Bento


Bento

リストの中から好きな表示方法を選びます。

例えば【金額】をタップすれば支出の多い順にデータをリストアップできますし、【日付】や【場所】を選べばその種類ごとにデータをリストアップできます。


まとめ

いかがでしょうか。驚くほど簡単にデータベースが作れてしまいました。「データベース」といっても、日々の暮らしの中できちっとデータを整理して記録しておきたい時に簡単に利用できます。アイデア次第で様々な場面で Bento を活かせそうですね。

ただ今回、簡単に出来たといっても、支出管理には欠かせない月毎の支出の合計が表示できていません。どうやらこれは Bento と連携する Mac用アプリ Bento for Mac で出来るようです。となると iPhone 版の Bento はデータの入力用のアプリと言えそうです。

そこで次回は Bento for Mac との連携方法、iPhone で記入したデータを Mac で活用する方法をご紹介したいと思います。

おすすめ iPhone アプリ
開発 FileMaker, Inc.
掲載時の価格 ¥450
カテゴリ 仕事効率化
容量 8.6 MB
執筆時のバージョン 1.2.1
Bento
Bento
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!