ふりっく: iPhoneでの文字入力が楽になる「フリック入力」を練習しよう!無料。

ふりっく (41)
ふりっく (39)


iPhoneにはタッチパネルを生かした「フリック入力」というものがありますが、ケータイからiPhoneに乗り換えると、文字入力で戸惑うという方も多いはず。

しかしフリック入力は1タッチで文字を入力できるので、慣れればケータイ打ちよりも劇的に文字入力が楽になります!

ぜひともフリック入力を習得したい!という方は、ふりっくというアプリでフリック入力を練習しちゃいましょう!

それではさっそくレビューをどうぞ。

ふりっく を動画でチェック


フリック入力って何?

ふりっく (41)
まず「フリック入力って何?」という方の為に、フリック入力をご紹介します。

アプリの左下にある【ヘルプ】をタップしてください。


キーボードに出てくる「あ」「か」「さ」「た」「な」の文字。これを少し長めに触っていると、十字の形に文字が現れます。

指を離さずに、そのまま上下左右に動かすと文字が入力出来る。これがフリック入力の基本です。

ふりっく (16)
ふりっく (15)


ふりっく (14)
濁音・半濁音の文字にするには、文字のあとに左下のマークをタップしてくださいね。


フリックのみモードの設定方法も載っています。

「あ」「あ」「あ」などと、同じ文字を続けて入力できるようするのが「フリックのみモード」。

このフリックのみモードの設定方法も、ヘルプの中の「便利な設定」に載っているので参考にしましょう。

ふりっく (11)
ふりっく (8)


フリック入力の練習をしよう!

ふりっく (41)
それではフリック入力の練習を始めましょう。

まずはフリック入力に慣れたい、という方は【トレーニング】からスタートです!


ふりっく (40)
1文字ずつ入力していく「文字」モード、1段まるごと練習する「五十音」モード、出題される単語を入力する「単語」モードの3種類あります。


「文字」モード

「文字」モードは1文字づつ出題されるので、慌てず正確に文字を入力していきましょう。

○内の矢印は、指を動かす方向を表してくれています。

ふりっく (39)
ふりっく (38)


「五十音」モード

「五十音」モードは、「あいうえお」「かきくけこ」などが、1段ずつまとめて出題されます。

ふりっく (33)
ふりっく (32)


「単語」モード

練習モードの最後は「単語」モードでしめましょう。出題される語句が、一般的な名詞じゃないのがおもしろいなー。

ふりっく (28)
ふりっく (27)


実力を試す!「タイムトライアル」

ふりっく (41)
フリック入力に慣れてきたら、100文字のタイムを競うタイムトライアルにチャレンジしましょう!


単語が出題されるので、ミスらないようにどんどん入力していきましょう!

ふりっく (18)
ふりっく (17)


ふりっく (3)
100文字入力し終わったところでストップ。100文字の入力タイムが表示されます。


iPhoneを使いこなす第一歩は、フリック入力をマスターすること!

というわけで、はじめてiPhoneを持つという方は、ぜひ「ふりっく」でフリック入力をマスターしてくださいね!

おすすめ iPhone アプリ
ふりっく ・開発: Telepath.Inc
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 9.3 MB
・バージョン: 1.1.1

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!