Survivor iPhone 5: 衝撃にとっても強いぞ。キズを付けたくない人はこのケースを選ぼう!!

国防総省お墨付き「超タフ」 iPhone 5 ケース、Survivorを紹介します。

Survivor iPhone 5


Survivor iPhone 5 を動画でチェック♪

@kazuendです。
こちらのケースを動画で解説しました。


米国/英国の軍事規格をパスした頑丈なケースです。衝撃や塵から守るシリコンと、強固な内部フレームで振動などから守るポリカーボネート素材を使った2層構造でできています。

持った瞬間のゴツさは感じるものの、握った感触の良さや、このケースならあらゆる衝撃から iPhone 5 を守れる!!という安心感がとても良いです。

衝撃に強いケースをお探しという方、落とすのが怖いという方にオススメです。


AppBankStoreでチェック


Survivor iPhone 5 をチェック♪

いかにも強そうなパッケージがこちらです。

Survivor iPhone 5


ケース本体はシリコンとポリカーボネートの2層構造でできています。

Survivor iPhone 5


まずポリカーボネートを装着します。こちらは内部のフレームとなり iPhone 5 をしっかりと固定し守ります。

Survivor iPhone 5


続いて衝撃などから守るシリコンを覆い被せます。

Survivor iPhone 5


最後にポリカーボネートを上から装着し完了となります。

Survivor iPhone 5


ゴツいイメージが強いですが、デニムなどにも入る大きさなので普段使いとしてもOKです。

Survivor iPhone 5


付属品に専用ホルダーがあり、ベルトに付けたり、スタンドとしても使用可能です。

Survivor iPhone 5


ケース下部をチェックします。塵などを寄せつけないように防塵仕様になっています。

Survivor iPhone 5


シリコンのツメを開くことでイヤフォンジャックを挿入できます。私が愛用しているBose® MIE2i mobile headsetも使用できました。

Survivor iPhone 5


ケースをしたままでも Lightning コネクタを接続でき同期や充電がおこなえます。

Survivor iPhone 5


サウンドオン/オフの切り替えは若干やりにくいです。音量調節ボタンは押しやすく良好です。

Survivor iPhone 5


スリープ解除ボタンはシリコン部分で厚く覆われていますが、少し力を入れることで押すことができます。

Survivor iPhone 5


カメラ付近にあるシリコン部分をクルッと回すことができ、ケースをしたままでも撮影が楽におこなえます。

Survivor iPhone 5


最大の特徴は衝撃や、雨、落下などに強いということですが、ケースを持った時のグリップ感もとても気に入りました。

一見ゴツいケースではありますが、アウトドアなどでハードに使うだけでなく、日常生活でも使用できます。iPhone 5 にキズ付けたくないという方はこちらのケースを選んでください。



AppBankStoreでチェック


iPhone 5用ケース レビュー一覧

おすすめの
iPhone 5用ケース・カバーのレビューまとめ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!