[iPhone, iPad] CloudClip: iPhoneでコピーしたテキストをiPadやMacにおくれる!逆もOK!無料。

MacやiPad、iPhoneの間でコピーしたテキストを同期できるアプリ「CloudClip」を紹介します。

pauls0131cloud
pauls0131cloud


iPadやMacとiPhoneの間でiCloudを通してテキストを同期できます。コピーしたテキストはアプリを開くとリストに追加されます。テキストは15個まで貯めておけます。

iPadやMacで作成した文章をiPhoneに送りたいときなどに役立ちます。また、電話番号やURLだとダイヤルしたりブラウザを開けるのでとても便利ですよ!

それでは詳しい使い方を説明します。

動画で使い方をチェック


iPad⇔iPhoneで使う

アプリを使う前にiCloudの設定を行いましょう。

【設定】アプリ→【iCloud】→【書類とデータ】をオンにします。

pauls0131cloud
pauls0131cloud


iPadでも同じように設定します。これで同期する準備ができました!

pauls0131cloud


iPadでテキストをコピーします。

pauls0131cloud


アプリを開くとコピーしたテキストがリストに追加されます。アプリを開くことでテキストが追加・同期されます。

pauls0131cloud


次にiPhoneでアプリを開くとテキストが表示されています!タップすると全文が見られます。【Copy】でコピーもできます。

pauls0131cloud
pauls0131cloud


Mac⇔iPhoneで使う

Macで使うときもiCloudの設定が必要です。【システム環境設定】→【iCloud】の項目を開きます。

pauls0131cloud


iCloudにサインインして【書類とデータ】のチェックをオンにします。


MacのAppStoreからCloudClip Managerをインストールします。

pauls0131cloud


Macでテキストをコピーします。CloudClip Managerが起動していればコピー時に自動でリストに追加されます。

pauls0131cloud


pauls0131cloud
iPhoneでアプリを開くとテキストがリストに追加されています。

Macで書いた文章をiPhoneに送りたいときに役立ちそうです。


便利な機能

pauls0131cloud
テキストをやり取りしてコピーできるだけではありません。

リストページで長押しするとメッセージやメールの本文に入れて送信できます。


また電話番号や地図URLだとダイアルしたりマップを開けます。

pauls0131cloud
pauls0131cloud


パソコンやiPadでお店を探して、iPhoneで電話したり道順を調べたいときなどに役立ちそうです。アプリを開くだけで同期されるのが手軽で使いやすいですね。

おすすめ iPhone アプリ
CloudClip ・開発: Thinkbitz Software Studio
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 2.3 MB
・バージョン: 1.0.0

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!