iPhoneで睡眠の質まで記録できる。良い睡眠で疲れ知らずになろう!

睡眠は質が大事。Sleep Time+を使って自分の睡眠状態を知ろう。

nslken360


皆さんこんにちは!立花岳志です。Twitter IDは @ttachiです。
普段はNo Second Lifeというブログを書いたり、本を出したりしています。

ダイエットと健康に関する連載、第3回は睡眠ログについてです。

睡眠は一番大事な活動

睡眠不足になりがちな日本人

日本人の多くが慢性的な睡眠不足の状態だと言います。仕事が忙しく夜遅く帰宅して、それから自分の活動をするせいですね。

僕も20代の頃は毎晩のように夜中の2時頃まで起きていて、翌朝は慌てて飛び起きて会社に行っていました。

しかし、30代になってから、それではダメだと思うようになり、徐々に早寝早起きに移行しました。早寝早起きに移行するコツは、一気に何時間も早くするのではなく、30分くらい早くした状態を一ヵ月くらい続けることです。

一ヵ月くらいたつと、身体がその時間に慣れてきますので、さらに30分早くして、また一ヵ月というように、徐々に慣らしていくと良いです。

早寝早起きを意識し生活が変わった

なぜ早寝早起きにしようと思ったかというと、夜更かししていると翌朝はぼーっとしていて頭は冴えず、身体はいつも疲れていて怠く、仕事も捗らない状態が続いていたからです。

人それぞれ体質があるので全員に当てはまるかは分かりませんが、僕は早寝早起きにしてからの方がずっと体調もいいですし、頭も良く働くようになりました。

そして改めて思いました。睡眠というのは、テキトーに眠れば良いというものではなく、意識して質を高めていくぐらい大切な行為なのです。

僕はいま、書籍やブログを書くことが仕事です。つまり知的生産活動が仕事です。いまの僕にとって、頭がボーッとして原稿が書けないというのでは仕事にならず、最悪の状態です。寝不足でぼんやり起きているくらいなら眠っていた方がマシです。

一日の活動の中で睡眠はもっとも大切な活動。それぐらい強く睡眠を意識するようになりました。

Sleep Time+で良質の睡眠を追求しよう!

睡眠時間は長ければ良いというモノではありません。
皆さんにも経験があると思いますが、長時間寝過ぎると逆に頭がボーッとしたり背中や腰が痛くなったりしますし、夜中に何度も目が覚めた翌朝は、時間としては長く眠ったはずでもイマイチぼんやりしていたりします。

質が高く適度な睡眠は、翌日の心と身体のコンディションを最高に高めてくれます。逆に、睡眠の質が悪いと、翌日は心身とも具合が悪くなってしまいます。

そこで、僕はSleep Time+という睡眠管理アプリを使っています。

Sleep Time+の使い方

ttachi iPhone 3 - 1
使用法は簡単です。
夜眠る時にSleep Time+を起動して、アラーム時間をセットし、アプリが起動した状態でiPhoneを伏せて枕の脇に置きます。

画面はすぐ真っ暗になりますので心配いりません。


ttachi iPhone 3 - 2
翌朝設定した時刻になると、爽やかな小川のせせらぎなどプリセットされた音が鳴りますので、ボタンを押してストップさせます。

こちらはプリセットされた音源のリストです。


また、Sleep Time+には、目覚ましアラームの30分前から、眠りが浅くなったタイミングを見つけてアラームを自動で鳴らしてくれる機能もあります。

ttachi iPhone 3 - 3
記録が止まると、その日の睡眠時間と眠りの質がグラフになって表示されます。


ttachi iPhone 3 - 4
一週間や一ヵ月単位の集計グラフも表示できます。


グラフを見て睡眠の質を改善しよう

グラフを見ると、深い睡眠と浅い睡眠や、途中目覚めていた時間などが一目瞭然です。

このグラフを見て、何度も夜中に起きていたり、浅い睡眠が続いている場合は要注意です。睡眠の質があまり良くないということですので、原因と対策を考えます。

たとえば僕は以前は夜にもコーヒーや紅茶などのカフェインが入った飲み物を飲んでいました。

その頃は、夜はすぐ寝つきはするのですが、深夜に何度も目が覚めたり、トイレに行きたくなったりしていました。

眠りの質が悪い原因がカフェインではないかと思い、昼食時間以降はカフェインの入った飲み物を摂らないようにしたところ、睡眠の質がずいぶん良くなりました。

他にも、季節によって、部屋が暑過ぎる、寒過ぎるとか、枕が合っていない、窓の外や一緒に寝ている人の音(いびき・歯ぎしりなど)が気になっている、部屋が十分暗くなっていないなど、寝室の環境が整っていない時も、睡眠の質に影響が出ます。

Sleep Time+自体が睡眠の質を改善することはありませんが、自分の睡眠を時間だけでなく、質という面でも視覚化してくれているという面で、画期的なアプリだと思います。

なお、睡眠管理アプリは複数出ていますが、僕は個人的に、このSleep Time+が一番睡眠の質の記録が正確に思えるのと、UIが好きなので、このアプリを愛用しています。

たかが睡眠、されど睡眠です。長期に渡る慢性的な睡眠不足は僕たちの寿命を縮めてしまうほどの悪影響を与えると言われています。

夜更かしは楽しいですが、早くベッドに入り、たっぷり眠ることもお忘れなく。身体が喜ぶことをすると、翌朝のハッピーさが違いますよ。

是非お試しください。

僕の本、「「やせる「仕組み」で人生を劇的に変える iPhoneダイエット」」では、無理なく楽しく、そしてiPhoneと一緒に「やせる」コツが満載です!是非読んでみてください!

著者プロフィール

立花岳志(たちばなたけし)
作家 & プロフェッショナル・ブロガー。月間160万PVのブログ”No Second Life”の中の人。
著書は「ノマドワーカーという生き方」「スマートフォンでFacebook & Twitterを使いこなす本」「やせる「仕組み」で人生を劇的に変える iPhoneダイエット」など。
身長190cm左利き蟹座A型、iPhoneとランニングを愛する43歳。

ブログNo Second Life
http://www.ttcbn.net/no_second_life/

Twitter
https://twitter.com/ttachi

おすすめ iPhone アプリ
Sleep Time+  Alarm Clock and Sleep Cycle Analysis with Soundscape for Health and Fitness ・開発: Azumio Inc.
・掲載時の価格: ¥170
・カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
・容量: 47.1 MB
・バージョン: 2.2.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめのヘルスケア・健康管理アプリランキング