【iPad版Googleマップ】大きいとやっぱり見やすい!渋滞状況やコンビニの場所がすぐに分かる!

iPadでGoogleマップを使ってみました…。デカい!見やすい!

ipadgooglrmabu - 2


iPhoneで使うGoogleマップ、道を探したり、広い範囲で地図を見たいときにはちょっと画面が小さいなと感じていた方もいるのではないでしょうか。

今回、Google MapがiPadに対応し、大きな画面で地図を見られるようになりました。画面が大きいと1画面で見れる範囲が広くなるので、目的地などが見つけやすいですよ。

大画面だからナビとして使える!

大画面で地図を見ると、自分がどこにいるのか、どの道を歩いているのかがよく分かります!なので、位置情報サービスを使いながら車のナビとしても使えるんです。

ipadgooglrmabu - 6


だってほら、渋滞情報もすぐに分かります。

渋滞情報を見てみるとこのように広い範囲の情報が1画面でチェックできます。この先は混んでいるな、とか、こっちの道は空いているなども確認できます。

ipadgooglrmabu - 2


コンビニやレストランが見つけやすい!

iPhone版と同様、コンビニやレストラン、病院などのマークが地図上に表示されます。1画面で広い範囲を見られるので、1番近いコンビニやレストランなどが見つけやすいです。

ipadgooglrmabu - 4


地図をざっくりチェックしたいときにも。

目的地がどこにあるのかざっくり場所を確認しておきたかったり、テレビで見た場所や聞いた場所をちょっと調べてみたいときってありますよね。そんなときにも、大画面でどんな場所なのか把握できます。

ipadgooglrmabu - 1


ナビとしても使えるiPad版Googleマップ、よくお出かけをする方はぜひ試してみてください。

おすすめ iPhone アプリ
Google Maps ・開発: Google, Inc.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量: 11.1 MB
・バージョン: 2.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!