Appleが位置情報・乗換案内サービスを買収。マップアプリへの影響は?

AppBank の主任です。

先週、Apple が2つの企業を買収しました。カナダの Locationary とアメリカの HopStop です。

両社とも地図・位置情報に関するサービスを運営しており、これらの技術が Apple のマップアプリの機能・正確性の強化に繋がりそうです。

Locationaryってどんな会社?

Locationary はクラウドソーシングと Saturn と呼ばれるデータ交換サービスを使い、地域の店・会社などのデータベースを構築します。

複数のデータから情報の正確性を確認するので、このデータベース・仕組みが活かされれば、店・会社の位置情報が正確になります。

また、データを常に更新するので、このデータベースを使えば、閉店したはずの店が検索結果に出てくることを防げます。

CNET Japan によれば、店の営業時間・取り扱い商品・サービスといったデータも収集するようです。

こうした情報をマップアプリで活用できるようになれば、Google Maps アプリのように、現在地周辺の飲食店・宿泊施設などを検索できるようになります。

(画像は Google Maps アプリの周辺検索機能)

googlemapipad ken - 08


HopStopってどんな会社?

HopStop は同名の乗換案内サービスを提供している企業。同サービスでは、電車・タクシー・自転車・徒歩によるルート検索が行えます。

アプリを利用すれば、よく使う路線・駅・バス停の状況を確認したり、遅延などを報告することもできます。

地域によって利用できるサービスに違いはありますが、アメリカだけでなく、カナダ・イギリス・フランス・オーストラリア・ニュージーランド・ロシアにも対応しています。

残念ながら日本は未対応です。

今回の買収によって一部の地域で、Apple のマップアプリでルート検索の精度が向上したり、乗換案内などが提供されるようになるかもしれません。

(画像は HopStop の公式アプリ)

地図
地図


参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!