こんなときに役立つ! iPhoneやiPadで外付けキーボードを使う3つの理由

iPhoneやiPad用の外付けキーボードってめっちゃ便利なんですよ!

top


iPhone, iPad用の外付けキーボードをみたことはありますか?使おうか検討したことありますか?

外付けキーボードがなくてもiPhone, iPadは操作できます。でも、キーボードがあるとメチャクチャ便利なんです!
ということで、キーボードがあると嬉しいシーンを3つ、ご紹介します。

ポイント1. 画面が広くみえるようになる

Twitterやチャット機能のあるゲームで本領発揮します。

文字を入力しようとしたら画面の半分…いや、半分以上を覆ってしまうソフトウェアキーボード。
これで画面が全然見えなくなるんですよねぇ…。

keybord - 1


でも、外付けキーボードを使えば画面が隠れてしまうことはありません!
画面が隠れないので文字入力中に誰かのツイートを見逃したり、ゲームの戦況が悪くなったりしません。

keybord - 2


非対応アプリに注意

1点だけ注意しなければいけないことがあります。それはすべてのアプリが外部キーボードに対応しているわけではないということです。

外部キーボード非対応アプリで遊ぶ場合、変換候補が表示されなかったり、画面に変な空白が現れることがあります。

非対応アプリで日本語の変換候補が表示されなかったときは、相当辛いです。すべてひらがなの書き込みか、手探りで変換になってしまいます。


ポイント2. 文字の入力速度が早い

パソコンのキータイピングに慣れた方は特に違いがでます。やはり両手で手応えを感じながら入力できるキーボードは、キータイピングが速いです。
文字入力に速さが求められるシーンでは、外部キーボードが最強です。

WirelessStandKeyboard - 3


フリック入力になれたら物理キーボードより早くなるという情報もあります。でも、多くの方が会社で使うパソコンでの入力に慣れているかと思います。

ちなみに私(@egaku)のパソコンでのタイピング速度は 348/分、iPhoneだと194.45/分でした。

※ 計測場所
パソコン→タイピング診断 | 【無料で練習】マイタイピング
iPhoneアプリ→フリック ファンFree(無料)

手書きよりタイピングの方が早い!という方、フリック入力よりキーボード入力の方が慣れてる!という方は、外付けキーボードを使う価値ありです。

ポイント3. iPhone, iPad専用ショートカットキーが便利

iPhone, iPad用に作られたキーボードの今や定番となっているのが「ショートカットキー」です。
中でも私が1番重宝しているのが「ホームボタンキー」です。


ホームボタンを連続して2度押して起動するのがマルチタスクウィンドウ。控えているアプリとの切り替えのために開きます。
この「ホームボタン、2回連続押し」、結構失敗しませんか?

しかも毎日のように押すホームボタンだからこそ、劣化が進んで反応しなくなるんじゃないかと心配してしまいます。

keybord - 5
keybord - 6


キーボードであれば「キーを連続で押す」ことになんの抵抗もありません。そう、小気味良くEnterキーをスパーンを叩くかのようにホームボタンキーを「パンパーン!」と叩けます。

小気味良くキーを叩くのは、結構クセになります。

外付けキーボードでアプリがの使い心地が変わる

外付けキーボードがなくてもアプリの操作はできますが、あるとアプリの使い心地がガラリと変わります。
特にビジネスや学校の講義でiPadを活用している方は、ぜひ外付けキーボードの導入をご検討ください。

オススメ外部キーボード

pauls0617key
iPhone用をお探しの方は、こちらがオススメ。折りたたんでコンパクトに持ち運べます。

折りたたみBluetoothキーボード/シリコンキー/iPhone,iPad対応/英字配列/ブラック


iPad用をお探しの方はこちらがオススメ。薄くて軽い、シンプルスタイルです。

Bluetoothキーボード ウルトラスリムケース for iPad Air ホワイト – AppBank Store | iPhone、iPadケース・アクセサリー


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!