必要なときだけ「タッチパネルが浮き上がる」技術を使ったiPad miniケースが9月発売予定

スイッチひとつで、感触のあるボタンが出たりひっこんだりします。

touchscreen - 1


こんにちはKEN360です!世界仰天ガジェットニュースのお時間ですよ。

本日紹介するのは米Tactus Technologyの、タッチパネルがまるで物理ボタンのように浮き出てくる技術です。

専用パネルを着けることにより、スイッチのオン・オフでボタンを浮き上がらせたり、フラットにすることができます。

タッチパネルが感触を持つようになると、iPadを使ったブライドタッチが可能になるかも!?

それでは見ていきましょう。

浮き上がるボタン

デモムービーのワンシーンです。パネルにはポンプがついていて、オンにするとボタンが浮き上がります。

なんか……びっくり。

touchscreen - 2


パネルの組み合わせで浮き上がる

浮き上がるパネルの仕組みは、硬さの違うパネルを組み合わせて実現しています。
ディスプレイ側は固いフラットなパネル、2層目は流体が流れる柔らかいパネル。3層目は弾性のあるポリマー素材とのこと。

touchscreen - 3


ポンプをオンにするとでマイクロ流体が2層目に流れ、3層目との間に空間を作ることでボタンが浮き上がる仕組みです。

パネルの厚みは0.7mmと、強化ガラスよりも少し厚い程度なんですね。すごい技術や。

touchscreen - 4


指定したところだけが浮き上がる

浮き上がらせる部分はあらかじめ回路で指定する必要があります。どこでも好きなように浮き上がらせることはできないとのこと。

touchscreen - 5


カメラやガジェットにも応用可能

タブレットやスマートフォンだけでは無く、カメラなどにも応用可能な技術です。シャッターボタンを必要な時だけ浮き上がらせたりすることも。

touchscreen - 6


iPad mini用のケースは9月発売予定

touchscreen - 1


浮き上がるパネルの技術を利用したiPad mini用ケースが2014年9月リリース予定ということ。
どんな形で発売されるのか、また価格はどれくらいなのか楽しみです。

次回もガジェットニュースをお楽しみに。KEN360でした。

参考

Tactus、タッチパネルにボタンを浮き上がらせる技術を解説 – PC Watch

iPad miniのアクセサリー

touchscreen - 7
最強のバッテリー、ANKER(アンカー)の物理キーボードです!

安い、なにこれ欲しい。

【4月上旬】Anker iPad mini Retina対応 ウルトラスリムキーボードカバー


touchscreen - 8
液晶を守る強化ガラスです。

お店ではってもらってね。

ラウンドエッジ強化ガラス 液晶保護フィルム for iPad mini Retina対応 with Fusso – AppBank Store | iPhone、iPadケース・アクセサリー


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!