ドコモが新たな料金プラン発表。定額通話・家族内で通信量をシェア!

ドコモが新しい料金プランを発表しました。

ドコモ


今回発表されたのは3つ。新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」・長期利用者割引「ずっとドコモ割」・25歳以下の利用者割引「U25応援割」です。

いずれも2014年6月1日から提供を始めます。予約は5月15日から受付開始です。

カケホーダイ&パケあえる

基本プラン

国内通話が定額で行える「カケホーダイプラン」、音声通話なしの「データプラン」、M2M 専用の「デバイスプラス」が用意されています。

M2M 専用の「デバイスプラス」は、フォトパネル・ウェアラブル端末・ヘルスケア製品向けのプランです。

スマートフォンの場合、カケホーダイプランで2,700円/月(税抜)になります。2年契約なので、途中解約で解約金が発生します。

これ以外に「spモード」の契約も必要になります。

プラン 対応端末 料金(税抜) 通話料
カケホーダイプラン
(音声通話あり)
スマートフォン
タブレット
2,700円/月 追加なし
ドコモ ケータイ 2,200円/月
データプラン
(音声通話なし)
スマートフォン
タブレット
1,700円/月 通話不可
ルーター 1,200円/月
デバイスプラス
(M2M専用)
デバイスプラス500 500円/月
デバイスプラス300 300円/月(2年契約なし)

パケットパック定額料

1人向けの「データSパック」「データMパック」と、家族向けの「シェアパック10」「同15」「同20」「同30」、らくらくスマートフォン向けの「らくらくパック」が用意されています。

例えば、家族4人でデータ通信量をシェアするなら「シェアパック」を選びます(家族で10回線まで)。

シェアパックはプランによって1ヶ月間に利用できるデータ通信量が決まっています。「シェアパック10」なら 10GB、「シェアパック20」なら 20GB です。

「シェアパック10」の場合、1グループで9,500円/月(税抜)になります。

超過した場合、送受信速度は 128kbps に制限されます。1GB につき1,000円(税抜)の自動課金で制限なく使える「スピードモード」もあります。

利用者 プラン データ通信量 シェアの可否 料金(税抜)
1人向け データSパック 2GB/月 1人でシェア可能 ※1 3,500円/月
データMパック 5GB/月 5,000円/月
家族向け シェアパック10 10GB/月 家族で10回線まで可能 9,500円/月
シェアパック15 15GB/月 12,500円/月
シェアパック20 20GB/月 16,000円/月
シェアパック30 30GB/月 2,2500円/月
らくらくスマートフォン向け らくらくパック 200MB/月 不可 2,000円/月

※1 同一名議で1台で「カケホーダイプラン」、もう1台で「データプラン」を契約している場合、500円/月(税抜)の「2台目プラス」でシェアできます。

パケあえる

シェアパックを利用する場合、子回線には毎月500円(税抜)のオプション料金が発生します。

ずっとドコモ割

契約年数に応じて「データSパック」「データMパック」「シェアパック」「らくらくパックの割引金額が異なります。

「シェアパック10」の場合、契約年数が6〜8年で300円/月・9〜10年で600円/月・11〜15年で800円/月・16年以上で1,000円/月です。

割引はグループごとに適用されます。

プラン 契約年数と割引金額
6〜8年 9〜10年 11〜15年 16年〜
データSパック なし -600円/月
データMパック なし -600円/月 -800円/月
シェアパック10 -300円/月 -600円/月 -800円/月 -1,000円/月
シェアパック15
シェアパック20 -600円/月 -800円/月 -1,000円/月 -1,500円/月
シェアパック30 -800円/月 -1,000円/月 -1,500円/月 -2,000円/月
らくらくパック なし -600円/月

U25応援割

利用者が25歳以下で、カケホーダイプラン+パケットパック定額を契約している場合、毎月500円を割り引きます。

さらにボーナスパケット量として、毎月のデータ通信量が 1GB 増えます。

適用期間は26歳の誕生月までです。

毎月の料金は?

以下のドコモのウェブページで計算できます。
「カケホーダイ&パケあえる」かんたんシミュレーション | NTTドコモ

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!