大型化する「iPhone 6」でも使いやすいアプリはどんなデザインか?

iPhone 6」のディスプレイが大きくなると、アプリのUIデザインは変わるのでしょうか?

iphone-6-ui-more-important-back-button


(画像:‘No man’s land’: How a bigger iPhone 6 will require developers to rethink their app designs | 9to5Mac

iPhone 6は、ディスプレイのサイズが4.7インチと5.5インチの2サイズ展開で販売されるという噂です。果たして、今のデザインのままユーザーはアプリを便利に使い続けることができるのでしょうか?

片手で使いやすいデザインを考える必要がある?

Appleの標準ガイドラインでは、重要なボタンはディスプレイの左上に置くようにしています。現在では【前に戻る】ボタンがそれに当たります。
しかし、4.7インチのディスプレイになった場合、多くの人々の親指が届かない位置になってしまいます。

「Safari」では、ディスプレイをスワイプすることで画面の前後を移動できます。しかし、ほとんどのアプリは左上の前に戻るボタンを使用して前の画面に戻ります。
スワイプが戻るボタンの標準になることが理想ですが、全てのナビゲーションボタンを対応させるのは難しいようです。

デベロッパーは、AppleがiPhone 6に【3倍モード】を搭載することによって、既存のアプリを提供し続けることが可能です。しかし、片手で使うときの不便さを解決することはできず、やはりデザインの再考が必要になりそうです。

アプリのUIデザインは、どのように変わるのでしょうか?
発売を楽しみに待ちたいと思います。

Androidにはワンハンドモードがある

大型のディスプレイを有するAndroidには、「ワンハンドモード」機能を搭載している端末があります。この機能を使用すると、起動しているアプリ画面を縮小して右下や左下に配置することができます。


参考

‘No man’s land’: How a bigger iPhone 6 will require developers to rethink their app designs | 9to5Mac

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!