iPadで水墨画に挑戦しよう! 絵筆型タッチペン「hakura」とアプリ「Zenbrush」で楽しめるぞ。

デジタル水墨画で「松」や「竹」を描いてみよう!

hakura - 01


紙や墨汁がなくても、アプリとタッチペンだけで本格的な水墨画を楽しめます。ぜひこの楽しさを味わって欲しい!

というわけで、アプリ「Zenbrush」と絵筆型タッチペン「hakura」で水墨画を描くコツを紹介します。

今回挑戦するのは「松」と「竹」です。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼


「松」を描くコツ

さっそく松を描きます。アプリを起動したら、まずは完成イメージを持ちましょう。
今回は、画面右側にしっかりとした松を1本、左に奥に広がる森林を描くことにします。

hakura - 02


幹は上から描く!

ヘビを描くように上から勢い良く松の幹を描きます。勢いがないと全体的に太い幹になってしまいます。

hakura - 03


葉は薄い色の重ね塗りで!

続いて葉を描いていきます。筆は一番薄いものを、筆の太さは【サイズ20】くらいの太めで設定します。

hakura - 04


紙の余白が広い方に向かって、少し傾けて葉を描いていきます。
生い茂った葉の塊を何個か置いていく感じで、なんども薄い色を重ねていきます。

hakura - 05


重ねている部分が幹の濃さに近づいてきたらストップです。ここまでくると色を重ねた部分がハッキリとしすぎてしまいます。

hakura - 07


ぼかしてにじみを表現しよう

ここで役立つのが【薄い消しゴム】です。右端の消しゴムボタンを選択します。

葉の部分をなぞるように消しゴムをかけます。すると色が重なった部分が薄くぼけていき、滲んだ水墨画感がでます。

hakura - 08


ちょっとだけ枝を描いて松完成

最後に枝を描きます。極細で葉の塊の中に一部だけ横線を描きます。

hakura - 09


奥に広がる森林を描く

続いて左側に、奥に広がる森林を描きます。1本しか描いていない松に迫力をもたせます。

hakura - 10


細い線で違いを出す

奥の森林の幹は、濃い線ですが細く描き、松の幹との差を出します。
右上がりに縦の直線を描いていきます。長さはバラバラにします。

hakura - 11


【薄い筆】+【太めの線】で葉を描きます。下から上に、さきほど描いた幹に合わせて描いていきます。
右に行けば行くほど高さのない葉にしていくと、よりいっそう奥行きがでます。

hakura - 12


最後に薄い線で奥の幹を描いたり、薄い消しゴムで森林全体をぼかして完成です!

hakura - 13


薄い色を重ね塗り、さいごに薄い消しゴムでぼかしていく。この2つの手順で一気に雰囲気がでます。

「竹」の描き方を動画でチェック

今度は竹を描いてみます。完成イメージはこちら。

hakura - 14


こちらの竹の描き方を動画で解説しました!


絵筆型タッチペンとアプリでプロ気分!

いかがでしたでしょうか。指で描くのではなく、絵筆型タッチペンを使うことで、より一層本格的な水墨画を描いている気分を味わえます。

慣れてくると「鯛」や「富士山」、「鶴」といった細かな絵も描けるようになってきます。

hakura - 15


アプリ+アクセサリで新しい世界を体験してみてください!

haku_1


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

Zen Brush ・開発: P SOFTHOUSE Co., Ltd.
・掲載時の価格: ¥300
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 35.5 MB
・バージョン: 1.28

アプリと組み合わせると楽しいグッズ

hellomip_1
アプリがなくても手を近づけるだけで操作可能。アプリがあるともっとスゴイことができるロボット!

【6月下旬】自立二輪走行ロボット ハロー ミップ 白


snaplite - 03
iPhoneを高性能スキャナに変える電気スタンド!

【5月下旬】iPhoneが高性能スキャナになる SnapLite


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!