【WWDC】iCloud DriveであらゆるファイルをiPhoneとPC間で同期!

WWDC 2014 の基調講演で、iCloud の新機能「iCloud Drive」が発表されました。

iCloud Drive


(画像:Apple)

iCloud Drive は iPhone と PC の間、あるいは PC と PC の間であらゆるファイルを同期できる機能です。

現在の iCloud では iPhone と Mac で対応アプリを用意する必要があり、扱えるファイル形式も対応するものに限られています。

この機能は iOS 8・OS X Yosemite のリリース後に使えるようになります。

アプリ毎に専用フォルダを用意

iCloud Drive には、アプリ毎に専用のフォルダが用意されます。この中に、そのアプリで作成したファイルが保存されます。

iCloud Drive


(画像:Apple)

iPhone・iPad から iCloud Drive 上のファイルにアクセスするには、iCloud Drive に対応したアプリが必要になるようです。

ファイルの編集効率をアップ

現在の iCloud と iPhone・iPad で、複数のアプリを使って1つのファイルを編集していくのは大変です。

ファイルを他のアプリで開く際にファイルがコピーされてしまい、どれが最新版なのかが分かりづらくなってしまうからです。

iCloud Drive に対応したアプリであれば、iCloud Drive に保存されているファイルを開くだけで済みます。コピーが増えていく心配もありません。

iOS 8 からファイルの扱いが簡単になりそうです。

Macに「iCloud」ドライブを追加

Finder からドラッグ&ドロップで iCloud Drive にファイルを保存できます。Dropbox のような感覚で使えるようです。

この機能を利用するには OS X Yosemite が必要です。

iCloud Drive


(画像:Apple)

Windows 8 がインストールされている PC からも、ドラッグ&ドロップで iCloud Drive にファイルを保存できます。

iCloudストレージに新しい有料プラン

iCloud Drive にファイルを保存すると、iCloud のストレージがその分だけ減ります。

無料で使えるストレージの容量は、現在と同じ 5GB までです。

それ以上に容量が必要である場合は、iCloud の新しい有料プランを契約できます。20GB が毎月0.99ドル(約100円)、200GB が毎月3.99ドル(約400円)です。

最大容量は 1TB までですが、月額の料金は発表されていません。

iCloud


(画像:Apple)

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!