【iPhone 6の噂】高度が測れる『気圧センサー』を搭載か? iOS 8にコードが見つかる。

今秋発売とされる iPhone 6 には、iPhone で初めて気圧センサーが搭載されるかもしれません。

iPhone 6


(画像:G 4 Games

ニュースサイト『9to5Mac』によれば、ベータ版 iOS 8 と iPhone・iPad アプリを開発する際に使う『Xcode』から、気圧センサーに関するコードが見つかりました。

iPhone・iPad で気圧センサーが使えるようになれば、対応アプリで現在地の標高計測・天候の計測ができるようになります。

※ベータ版 iOS 8 で発見されたコードなので、今秋の一般公開までに削除される可能性があります。

新製品に気圧センサーを搭載か

ベータ版 iOS 8 で見つかった気圧センサーに関するコードには、まず最初に iPhone・iPad が気圧センサーを搭載しているのかをチェックする仕組みがあります。

iOS 8


(画像:9to5Mac)

アプリ開発者の Ortwin Gentz 氏が iPhone 5s でこの機能を試したところ、非対応機種だと判別されたそうです。同様に 9to5Mac もテストしたところ、同じ結果になったとのことです。

したがって気圧センサーは、Apple が今後発表する新製品に搭載される可能性が高いと考えられます。ベータ版 iOS 8 で見つかったコードであることから、次期 iPhone・iPad、あるいは噂の『iWatch』に搭載されるかもしれません。

9to5Mac は消息筋からの情報を元に、Apple は『コンパス』アプリを気圧センサーに対応させる作業に取り組んでいると報じています。

コンパス


iPhone 6は『M8』でセンサー情報を処理?

9to5Mac によれば、iPhone 6 には M8 コプロセッサが搭載されるようです。iPhone 5s の『M7』のアップグレード版で、センサー情報をまとめて処理するとのことです。

M7


(画像:Apple

iPhone 6 には『A8』プロセッサも搭載されると噂されています。それよりも低電力で動く M8 にセンサー情報の処理を任せることで、消費電力を抑える狙いがあるようです。

ニュースサイト『G 4 Games』によると、iPhone 6 には「気温・湿度センサー」も搭載されるとの噂もあります。iPhone 5s よりもセンサーの数が増えることから、M8 の役割はさらに重要なものになりそうです。

気圧センサーでiPhoneの可能性が広がる

標高の計測精度を向上

気圧センサーを使えば、これまでよりも標高の計測精度を上げられると考えられます。

iPhone 5s でも、GPS やモーションセンサーで標高を計測できます。しかし、気圧センサーに比べれば、計測に時間がかかったり、精度が低かったりすると言われています。

天気の急な変化を知らせる

ベータ版 iOS 8 からは、大気圧をモニタリングする機能も見つかっています。これを活用すれば、気圧の変化を察知して天気の急な変化を知らせるアプリを開発できそうです。

天気


iPhone で測った大気圧と位置情報をサーバにまとめ、天気予報に活かす仕組みも登場するかもしれません。

屋内ナビの精度向上

iPhone 6 と iOS 8 の『マップ』アプリでは、気圧の変化を読み取って「どの階にいるのか」を認識できる可能性もあります。

マップ


iPhone 6 に気圧・気温・温度センサーが搭載されるのかは不確かですが、新しいセンサーは iPhone に新たな使い方をもたらします。iPhone 6 に新しいセンサーが搭載されることに期待したいですね。

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!