iPhone 6とiPhone 6 Plusは何が違う? 異なる部分をまとめて紹介!

じつはサイズ以外にも違いがあります。

iPhone 6


(画像:Apple)

iPhone 6iPhone 6 Plus では、異なる部分がいくつかあります。Apple の正式発表によれば、ディスプレイの性能・サイズと重さ・iSight カメラの機能・バッテリー稼働時間などに違いがあります。

さらに iPhone 6 Plus には、iPhone 6 にはない機能も搭載されています。この機能があれば、メール処理や予定の調整がもっとスムーズになるかもしれません。

今回は、iPhone 6 と iPhone 6 Plus の違いをまとめて紹介します。

ディスプレイ

iPhone 6 Plus は大きなディスプレイを搭載していますが、コントラスト比が優れているのは iPhone 6 です。コントラスト比の比率が高いほど、ハッキリとした表示ができることを表しています。

ただし、これは数値上の優劣なので、実際に見比べて分かるほどの差があるのかは、まだ分かりません。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
サイズ 4.7インチ 5.5インチ 4インチ
解像度 1,334×750px 1,920×1,080px 1,136×640px
ピクセル密度 326ppi 401ppi 326ppi
コントラスト比 1,400:1 1,300:1 800:1

サイズと重さ

ディスプレイの大きさに比例して、iPhone 6 Plus の方が大型で重くなります。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
高さ 138.1ミリ 158.1ミリ 123.8ミリ
67ミリ 77.8ミリ 58.6ミリ
厚さ 6.9ミリ 7.1ミリ 7.6ミリ
重量 129グラム 172グラム 112グラム

iSightカメラ

iPhone 6 Plus の iSight カメラには『光学式手ぶれ補正』機能が搭載されています。A8 プロセッサ・ジャイロスコープ・M8 コプロセッサで、iPhone 6 Plus の動きを測定し、レンズを緻密に動かすことで手ブレを防ぎます。

camera1


(画像:Apple

Apple によると、この機能が最も効果を上げるのは、十分な明るさを確保できない場所での撮影です。そういった状況で撮影することが多い場合や、あらゆるシーンでシャッターチャンスを逃したくない場合には、iPhone 6 Plus を選んだ方が良さそうです。

バッテリー稼働時間

iPhone 6 Plus の方が大容量のバッテリーを搭載しているためか、稼働時間は長くなっています。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
連続通話時間(3G) 最大14時間 最大24時間 最大10時間
連続待ち受け時間 最大10日間(250時間) 最大16日間(384時間) 最大10日間(250時間)
インターネット利用(3G) 最大10時間 最大12時間 最大8時間
インターネット利用(LTE) 最大10時間 最大12時間 最大10時間
インターネット利用(Wi-Fi) 最大11時間 最大12時間 最大10時間
ビデオ再生 最大11時間 最大14時間 最大10時間
オーディオ再生 最大50時間 最大80時間 最大40時間

横向き表示

iOS 8 で追加される『横向き表示』は、iPhone 6 Plus 限定です。これまでの iPhone でも、Safari などのアプリは横表示ができましたが、iPhone 6 Plus では iPad のようにホーム画面・メールアプリ・カレンダーアプリなどを横向きに表示できます。

たとえばカレンダーアプリでは、iPad のように左側に1ヶ月のカレンダー、右側に選択した日の予定一覧を表示することができます。

merumaga0502 - 4


(画像:Apple)

この機能をうまく使えば、メールや予定管理の効率がさらに良くなるかもしれません。

価格

執筆時点では、ドコモ・au・ソフトバンクから機種代金は発表されていません。ここでは Apple Online Store で販売される、SIM フリー版の価格を表にまとめました。iPhone 6 と iPhone 6 Plus で、10,000円から12,000円ほどの差があります。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
16GBモデル 67,800円 79,800円 57,800円
32GBモデル 62,800円
64GBモデル 79,800円 89,800円
128GBモデル 89,800円 99,800円

どちらのiPhone 6を選ぶ?

iPhone 6 Plus の方がスペックも機能もおおむね優れていますが、問題は大きさと重さです。このサイズでは、ポケットに収まらないことも考えられます。価格にも10,000円ほどの差があります。

iPhone 6 か iPhone 6 Plus かを選ぶときには、「iPhone 6 Plus 特有のスペックや機能が必要か」と「大きさと重さに問題はないか」の2点をよく考える必要がありそうです。

iPhone 6、iPhone 6 Plusの最新情報まとめ!

【完全版】iPhone 6、iPhone 6 Plus、Apple Watchの情報まとめ!

iPhone 6のケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!