Write for iPhone: Dropbox/iCloud対応のテキストエディタ。トラックパッドでカーソル操作が快適!

Markdown 記法にも対応したエディタアプリ、Write for iPhone を紹介します。

Write for iPhone
Write for iPhone


Write for iPhone はテキストファイルを『Dropbox』や『iCloud』に保存します。iPad 版Mac 版も用意されており、これらのサービスを介してファイルを同期できます。

テキストカーソルの移動やテキストの選択は、トラックパッドで行えます。とくに選択がスムーズに行えるので、文章編集の効率アップに役立つ優れものです。

さらに、このアプリは Markdown 記法に対応。この記法による指定をすぐに反映する機能も用意されているので、Markdown 記法を多用する方にもオススメです。

DropboxやiCloudと同期

Write for iPhone
Write for iPhone はすべてのテキストファイルを Dropbox、または iCloud と同期します。同時に両方と同期はできないので、どちらかを選びましょう。


トラックパッドでカーソル操作

Write for iPhone
キーボードの上にはトラックパッドが用意されています。タップしたまま上下左右に指を動かすと、テキストカーソルを操作できます。1回タップすると、選択モードに切り替わります。

選択モードを使いこなせば文章編集が楽になるので、オススメの機能です。


開発元が公開している動画もご覧ください。

見やすい表示に調整できる

文字の大きさや表示の明るさを調整できます(左)。夜でも使いやすい【Night Mode】や黒色テーマの【Space Gray Theme】を使えば、落ち着いた編集環境になるのでオススメです(右)。

Write for iPhone
Write for iPhone


ほかのアプリとの連携もバッチリ!

Write for iPhone
Write for iPhone で作成したファイルをほかのアプリで開き直したり、メールで送ったり、『Evernote』や『Google ドライブ』に保存したりできます。


Write for iPhone
URL スキームの登録もできるので、連携するアプリをさらに増やせます。


ファイルを開かずに内容を確認

Write for iPhone
ファイルを長押しすると内容を表示する【Quick look】機能を使えば、目的のファイルを探すときにファイルを1つ1つ開く手間が省けます。


Markdown記法に対応

Write for iPhone
表示設定で【Rich MD】を選ぶと、Markdown 記法で記した内容をすぐ確認できます。画像やリンクを確認するときはプレビュー表示への切り替えが必要です。


左が【Hybird】表示、右が【Rich MD】表示です。【Rich MD】では、Markdown 記法を使ってリッチテキストエディタのように編集できます。

Write for iPhone
Write for iPhone


Write for iPhone は多機能なアプリですが、デザインがシンプルで使いやすいのが特徴です。iPhone で使えるテキストエディタをお探しの方は、ぜひお試しください!

Write for iPhone - A Note Taking and Markdown Writing App ・開発: Tanmay Sonawane
・掲載時の価格: ¥200
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 25.0 MB
・バージョン: 2.6.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!