【iPhone 6sの噂】折り曲がる心配は無用? 新素材・厚み増で強度向上か

ポケットに入れて持ち運ぶ方に朗報かもしれません。

iPhone 6s


(画像:uSwitch)

iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』の設計図を入手したとして、ウェブサイト『uSwitch』が3Dモデルの画像を公開しました。

uSwitchによるとiPhone 6sの厚みは7.1ミリ、iPhone 6s Plusの厚みは7.3ミリ。iPhone 6/6 Plusから0.2ミリ増えています。この点は先日ご紹介した噂通りです。
iPhone 6sは0.2ミリ厚い? 液晶パーツが流出か

iPhone 6sのボディには新しい素材が使われるとの噂も流れています。強度の向上につながるのでしょうか。

iPhone 6sのカメラは出っ張らない?

uSwitchが入手した設計図は、Appleがケースを製造する企業に送ったものとしています。発売前にiPhone 6s/6s Plus対応ケースを開発してもらうためでしょうか。

厚みが増すということのほかにも、iPhone 6とiPhone 6sの違いが見つかっています。それは「後ろ側にあるiSightカメラが出っ張らなくなる」というもの。

iPhone 6s


(画像:uSwitch)

出っ張りが無くなればスッキリとした見た目になります。uSwitchは設計図が不完全だった可能性もあるとしていますが、果たしてどうなるのでしょうか。

7,000シリーズのアルミニウムを採用?

iPhone 6s/6s Plusの厚みが増す背景には強度を高める以外に、タッチの強さを検知する『Force Touch(感圧タッチ)』を採用するためではないかとの推測もあります。

一方でボディの素材を7,000シリーズのアルミニウムに変えて強度を高めるのではないか、との噂も流れています。

この素材はApple Watch Sportですでに使われています。Appleのウェブサイトによれば標準的な合金よりも60%強く、軽いとのこと。

Ingress Watch - 1

(画像:Apple)

噂の真偽はともかく、iPhoneの強度が高まれば、あれこれと心配する必要がなくなります。発表イベントではスペックに限らず、こうした細かな変化にも注目です。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!